スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


うちってニューウエーブの扱いではなかったっけ??

sessin
スーパー・セッション(紙ジャケット仕様)
でもこのブログずっと見てるとアナクロバリバリのハードロックとプログレと時代から取り残された代物のなんて多い事よwww 進歩性まったく見られずw 当時2枚組のスーパーセッションは安くなかったのでアルクーパーのスーパーセッションものはこっちを買って聞いてましたが、ここから変な方向に進んでしまうのは今に限った事ではなくwww(高校の頃)どんどん逆行してイーストウエスト>追憶のハイウエイに行くという奇特な聞き方をしてましたな…当時は……。



ゴールデンカップスがカバーしたというのが目当てでこれも聞きましたがまあよくもこんなシブいの聞いてたな…と。多分よくわかってなかったんだろうな…こういうギターとハープは今聞いた方がシミますね…しかし、ジャケ見るとメンバー大学生のようだ…っつーか70'S大学生って老けてましたね…今の方が幼い??何かしみじみとしてまいりました。
ちょっと頑張ればできるだろの2タイトル推薦
eastwest
East-West



スポンサーサイト

ああ哀愁のツインドラムw

allman
The Allman Brothers at Fillmore East
まあデッドといいこれといいツインドラムの何とも言えないドライブ感がいいですね。これにデュアンのスライドとデッキーベッツのギターが乗ってきたら2枚組なんてあっと言う間ですよ。もっと土臭いジジむさい感じの音楽か??と思ってましたが全然そうではなかったというか、これも一種別のササンロック伝説なんですかね……『見た目で判断』というかwww しかし何故これから名前を借りて「大自慢ブラザーズバンド」w しかもあの曲www やっぱし芸能界ににロックは根付かないんでしょうか??www

そういや日本のツインドラムの某バンドのDrは見た感じが『キックの鬼』(しかもマンガ版の方)と同じ風貌なのが……まあ本人には言えないw が笑えるw って笑うなよwww



まあ最近は何か買ったりとかする気力は…

kirikyou
切狂言
ちょっと失せ気味かな…というか音楽ものは大半買ったし、映画&TVは集めたらキリないし…こないだのライブの打ち上げで「最近は人のCD買わない」って話が出て、はあ…と思った訳ですな。まあデータダウンロードすりゃ何とかなるだろうし単にコピーの入れ物が替わっただけと思えば何か寂しい話ではありますが納得できる話も。CDが出た時は「ノイズが軽減されていい音が手軽に」という文句に惹かれて購入したものの(まあ手軽ではありましたが…)結局はカタログの焼き直し&エンコーディング推進をしてただけであって、今でも手に入らない音源ある時点であかんやろと思うが、これも何度も発売されては入手が難しくなりプレミアがついてを何度も繰り返してる……と。内容はFTBをもう少し日本語ロック寄りにしたものだが、せめてそれなら何時でも聞けるようにしてほしいもんだがと小一時間……しかし時代が過ぎ行くものの聞いてるのは何故こう時代逆行アナクロになるのかと自分に小一時間……orz


やっぱしホラー映画はこれが一番コワイのでは…

akumanoike
悪魔のいけにえ 特別価格版 [DVD]
一番怖いのは実際いそうな訳のわからんヤツwってのが正解でしょうな。この荒っぽい画質、マジでテキサスにはこんな一家が普通にいそうで……www バカバカしさでは2の方がヒートアップしてて面白いんだが、ホラーとバカ映画の紙一重に接近しててまじめにホラー映画好きな人には思いきりバカにされそうだ…(そういう理由で『死霊のはらわた』シリーズも3が一番個人的には好きだが、あれ思いきりバカ映画だし…)
低予算のクレジット適当で少ないとか押さえた感じが恐怖感をあおりますな…



白昼の襲撃

sanmon
三文役者の死―正伝殿山泰司 (岩波現代文庫)
いい役者ってのは『主役級』から『その他大勢役』までいろいろな人がいますが、決して主役にならなかったけど、後世にインパクトを残した人はいろいろいて、この人は特に評論というか文章が面白く、まあこの人の人となりを知ろうと思ったらやっぱし新藤兼人カントクによるこの本がお勧め。自分の好きな一節に「人は困難に直面すると勇気が湧いてくる』って…いいセリフですな。また新藤カントクシナリオ書くから文章も読ませどころを心得たというか一気に読めた。何故『岩波』??って気もするがまああそれも良しw 何か『白昼の襲撃』見たくなった(未DVD化:でも衛星でやってたので録画してるw)BGMはこれでいいんじゃないか??和製電化マイルスと言われたが映画にはバッチシ合ってると思う




今、ナスカ・カー音源等はここだけでしか手に入りません

汎芽舎
で、やめときゃいいのに『汎芽舎』に行って精算がてら買って帰って来たのが『UFO』のBBCライブと『ロイ・ハーパー』のライブ(たぶんブート)w 何買ってんですかね~って気がしますが、まあ細かい事は気にしないwww ここは結構奇特な店でw(というか神戸って結構そのへん充実してるのが…?ですが)電子音楽系及びモンド&サイケサブカル周辺揃ってます&うちの商品を店に置いてるのはここだけなので買いそびれたとかどこに置いてる??って言われたら、まあここで手に入ります。まあ近日中にまた商品増やして入荷しますがw あ、あと東京だったら高円寺の『円盤』に売れ残り(ある意味デッドストック)がたくさんwww

さよならジーザス

gavin
The Sinking of the Titanic/Jesus's Blood Never Failed Me Yet
でこないだは、『厄払いw』にこれのカバーをしました。結構原作に忠実にやりましたよw 後から「あれ何のカバーですか?」って問い合わせ多かったんで。この人はこれとタイタニックを何回もカバー(というか再演)してるのでいろんなバージョンがありますが、ワシが一番最初に聞いたオブスキュアから出たこれが個人的に馴染み深いのでこちらをお薦め。まあミニマルの基礎みたいなもんなんで興味のある方は聞いてみて下さい。



今日今から出ようかと思いますが…

何ぶんにも機材が通常より多い(重い)ので…

まあ気分はこんなんだな…


だが過度の自分酔いは禁止だ!!!w

というわけで5月24日

諸事情のため明日の神戸のナスカ・カーのライブはワシ一人のショーになります。
まかり間違っても全編電子音楽はないのでその辺誤解のないように…
ただ特別に飽きないようにカバー1曲(初出)と4曲の既存曲です。2部構成

こんな時に来店の方に特別大バーゲン

在庫一掃全品大バーゲン開始!!!来た人だけが得をするw

まあそんな感じで
神戸ヘラバラウンジ
開場 18:30 開演 19:00
料金:1800円前売り(+1drink order)
   2000円当日

ナスカ・カー
Cyberne
Sajjanu(Tokyo)
Kuruucrew(Tokyo)

オーケストレーション仕込んだのでギャビン・ブライアーズのカバーやります。

またそういう亜流轟音ロックと

ohp
Live Before and After
一緒にしてはダメですよ。これ。歌とギターが好き…だがしかし


こっちはえらいプレミアついてんな… いざと言う時は一財産www



90年代のクラブカルチャー通過後のお話です

amt
Electric Heavyland
一番変わったのは、『無名な曲でも爆音で聞けばかっこよく聞こえる』>『しょうもないレコードでも爆音で聞けばかっこよく聞こえる』>『しょうもない演奏でも爆音で聞けばまあそこそこかっこよく聞こえる』>『しょうもないバンドでも爆音だしたらカッコがつくw』って事に尽きますねw バンド系とそうでない系とのそのへんの文化交流がまったくない間に生息していたおかげでそのへんの模様をつぶさに見る事が出来ました。だから根本的に『轟音ギター』とか『轟音サウンド』って言われるとまずは眉唾で簡単に信用しないという体質が出来上がったというか、「こんなもんボリューム上げただけだろ」とシューゲーザー大嫌い発言を繰り返して来ましたのでそのへんの人たちとは仲がよろしくはないのですが、まあ単に音がデカいだけのもんは未だに嫌いですが、存在感のデカいものは音もデカくてもあんまり耳に痛いくらいの事はなかったりします。(あくまで聴感上:ちなみに非常階段もインキャパシタンツもソルマニアもマゾンナもそんなにデカいと感じた事はあんまりなかったです。マジこれはヤバイと思ったのはペインジャークとボルビトマグースだけw 思わず逃げたwww 経験上)ま、それの代表格がAMTですが、あんまり音でかいと思った事はないんだけど、実際はデカいらしい(というか東くん何回か鼓膜破れたって聞いた…)というか実際デカいんだろうけど気にならないというか、大丈夫か、オレの耳w いいものは丁度いいぐらいの音量で聞いてもいいもんです。


しかしヤな世の中だ……

zatoiti
座頭市全集 DVD-BOX 巻之壱
「いやな渡世だな…」ってのはありましたがw そうなると勝新の座頭市になるわけだが、普通 TV版、確かにクオリティは高いがDVDにしてどうするwwwというか、何時それだけ見ると言うのかw 実際今の所で10話くらいで止まっているのに……ここに映画&本と音楽の違いがあるんですな…音楽は聞き流せる…と。でないと昔買ったLDやらでも1回見ただけでDVDに移し替えた時にもう一回見てwそれっきり… でまた同じ話ばっかり何回も見て持ってるものの視聴はさっぱり進まないと言う自己矛盾…映像って集めるもんじゃないですね…orz 新・座頭市の三部の最終2作はどれもマジで実験映像です。こんなん地上波でやってたんだな…凄い!




アカデミックVSパンデミック

anboro
アンドロメダ・・・ (ユニバーサル・セレクション2008年第9弾) 【初回生産限定】 [DVD]
まあこんな事になろうとは……www 不景気&ショックのダブルパンチ!1999年でもこんなに騒いでなかったのに何故に???と思うが、まだノストラダムス話持ってくるやつがいないぶんマシなのか…この映画もまあ…もっと毒性が強いというかそんなパニックSF映画の古典として知られているが、音楽がジル・メレが音響デザインした電子音のオンパレードで昔のモンド&現代音楽絡みでは有名だったんだけど、サントラ復刻されなかったな……いまが最後のチャンスだったりして…と調子こいてモノモノしく宣伝するとあとで叩かれそうで何かコワイwww 映画の話の内容自体は古典SFだけあってちゃんとしてますよ。元の小説がマイケル・クライトンだし…


気合いを入れたいそんな時…

jingi
仁義なき戦い サウンドトラックコレクション
やっぱこれしかないでしょwww 朝から聞いたら今日も一日強気で過ごせるアイテムw


結局ここに落ち着くと…

bba
ベック・ボガート&アピス・ライヴ・イン・ジャパン
基本的にハードロック好きが落ち着くのはこんな感じで単なる殴り合いしてるだけっぽいインプロを中心にしたものになるんですよね。B&Aはこの後も似たような感じで相手を変えて今の時代も生き延びるんですが、最初聞いた時は『トーキングモジュレーターを長時間使うと頭が悪くなる』という一種のロック伝説にちょっとビビったもんですが、さすがに自分も使うようになって、まあ頭が痛いくらい…wってのわかりましたんで……。スタジオ盤は結構まとまってますがライブはマジでド突き漫才www これも2枚組だったんで買うの当時は根性いりましたよ…今CDで70分くらいまでなら1枚だし安値で買えるのはある意味うらやましいけど失ったものも多いでしょうな……と寂しい気分になってみるw


あっしには関わりのないことで…

monjiro
木枯し紋次郎 DVD-BOX I
ようやく見れたよ、木枯し紋次郎。何とか28話まで。個人的に好きな話しは原田芳雄が出てくるやつですが、まあこの頃のドラマ&時代劇によくある話しというか、救いようのない暗い話しのオンパレード。不幸せてんこ盛りw でもこの結論の出し方とかはリアルだな…と思わせる虚構があるというか。この十何年後に超現実的なトレンディドラマが流行って、こんな家ないだろうwwwみたいな空虚な虚構がオンパレードだったけど、やっぱしこういう70年代のドラマって見てて何かいいですね。まあこっちは必殺仕掛人とは違って血がドバドバはないけど(まあそのおかげで斬られた時の違和感はあったけど、細かい事は気にしないw)やっぱしリアル感がいいよなあ…この時代は日本列島改造論と浅間山荘の時代って訳ではないですが……やっぱし男は歳を経るに従って浪曲子守唄~特捜最前線にいくものなのか…と思った次第。最後にチリアーノの歌でも聞かんとやりきれんですな。




人間トシ取ればバカになるもんです。

wwl
ワールド・ワイド・ライヴ
初来日で見に行って、まああの問題ジャケばっかしだし、ウルリッヒ・ロートはギターがジミヘンみたいで破壊的だし…と思ってたのだが、あの「荒場の月」で気が付けばよかったのだが、それから幾星霜スーパーロックinジャパンで来た時はすごいバカ集団のごとしになってたw まあジャケを見た通りだがwww ファーストのプログレがかったのは一体何だったのか?と…人間考え過ぎるとロクな事はないので、ああなるのが人として正しい姿なんでしょうwww 切れが良くっていいと思いますが何か……www


今年はインフルエンザも流行ってるし…

doubutu
おいでよ どうぶつの森
今年の夏はどうぶつの森で暮そうかと……w まあやり出したらゲームはハマるものですな。間違ってもライブの時DS-10と間違う事ないようにしよう。「ときメモ」も要注意だwww


まあでもこんなん普通に買ってますが何か???

ishimori
石ノ森章太郎美女画集 GIRLS 2nd.
石ノ森ではなく石森だと声を大にしていいたいw まあ今年は2009年なんで「009」の年らしいし…w
確かに書き込んであるのもいいんだけど線を大胆に省略したりしてるのもいい感じです。



いよいよ明日5月27日博多!!


百蚊企画【媒介5】

5月17日(日)@decadent DELUXE

開場 18:00 開演 18:30

料金:1800円(+1drink order)
※県外・学生割引き有ります。(身分証提示で500円OFF!)

-LIVE-
■NASCA CAR(大阪)
■TEKETEKETENN!
■ネクラマン
■accidents in too large field
■USK
■百蚊

-FLOOR ACT-
■ミナミセイジ

-VJ-
■パラレル時空Z




ナウは聞かない

moremore
MORE! MORE! MORE!
…事もないw 結局ヤスタカ仕事だが、これは即買ったw ジャケの色使いとか構図とか素材がいい感じなんで半分近くジャケ買い。「perfumeにハマるのはわかるけど、何故ヤスタカ仕事までチェックする?」とシュガーさん(バッファロードーター&メタルチックス)に突っ込まれたが、「NOWはせめて聞いとかんとあかんのではないか?」の強迫観念に捕われてるのか???と思ったりするんだが…まああまり何も考えてないのが正解だろうwww ソフトシンセだけで作ったらしい…がそれはまた憧れますな。どんどん軽量化をしたいもんです。MS-10なんて極めて軽いのに、あれすら重くてしょうがない(だから20とか50とかMONO-POLYなんて持てたもんではない…だから家のシンセは引きこもり型になってますが何かwww)からDS-10で代用しようかとずっと軽量化を計っとるのだが………難しいですねw


やさしさに包まれたなら…

bura
テレビ、雑誌で大人気のメンズブラジャー パッド付きメンズブラジャー
ってほんとに人気あんのか???www 「やさしい気持ちになれる」とか「気持ちが引き締まるw」とか……マジ??? 別に買ったわけではないが考えたヤツはスゴいな…………(別の意味でw)しかし思いきり脱線しましたが何か???www

でも日本でパンク&ニューウエーブは

plastics
FOREVER PLASTICO
こうなんだよなw まあ最初レコード買って聞いた時は思わずギターがベンチャーズに聞こえてしょうがなかったwww でも本家も日本にきてテクノポップアルバム「カメレオン」など作ってるし(しかもユキヒロのスイミングスクールの美人教師やってるし……)さもありなんwww まあ東京ロッカーズもあり関西ノーウエーブもあり業界パンクもあるwと。あひるでラモーンズとか(今なら)ありえへんことがあった時代ですわな。いつの世もぐちゃぐちゃでありえへん事があった方が面白いですw


不死身のハードロック

whosnext
フーズ・ネクスト+7
まあ最近はライブやってて、「パンクですね」と言われる事が結構多いのだが、本人はどっちかいうと「ハードロック」の気分なんだが、まあパンクとハードロックの垣根がよくわかりにくいというか同じようなもんではないかと思ったりするワシもまあどうかと思うんだがw 何故これにこんな邦題がついたかよくわからんのがザ・フーってのも。まあいろいろやってるから(ブリティッシュ・ビートからビーチボーイズとか)わかりにくいんだけど、ビートもんでは、ビートルズ、ストーンズよりもフーが好きなんだが…というからまた一層変わり者呼ばわりされますwww そんなフーのベストなスタジオ作はやっぱしこれでないかと。デラックス版はライブが入っててまたお得。ARP使った無法の世界はやっぱし盛り上がりますな。


何かいいこと…

chaki
あるよ・ね
茶木みやこの去年出た新譜。金田一シリーズのあの主題歌をついつい思い出してしまいますな…アレンジとディレクションが柳田ヒロ!でもまあニューロックではなくプロっぽい(というかプロですがな…w)仕事ぶりがまたハマってしまうんですよね。金田一といえば、あの思いきり豪華な役者集めたわりには?の出来だった「夜歩く」を思い出すんですが…
…個人的にはこれが一番好きなんですけどね




こうなるとカブってくるようなもんだが…

cape
カーペンターズ~40/40 ベスト・セレクション
まあ2ヶ月で実際あったんでこれからもあるとは思うが、大体聞いてるもんが一緒だったりすることが往々にして多いから、それしょうがないがな…w まあたぶんこれは初だろうと思う…でこれですか????www
まあ普通の単なる名盤だが、やっぱり普通が一番いいですね。でも後々妙な影やらダークサイドな面で語られたりとか、聞いてた当時はそんなこと考えもよらんかったんですが…まあ心底怖そうな人が以外とそうでなかったりそう見えない人が怖かったりすることはザラですから…www しかしこれで思い出すのは中学の時の給食時間…ヘビーローテーションでした。個人的には有名曲が好きで、「スーパースター」とか「イエスタディ・ワンス・モア」とか…本当に普通ですね…ありがとうございましたwww


何故かテクノポップw

solo
Solo in Soho
シンリジィのくせにwww この後迷走しつつもゲィリームーアと共演してやや持ち直すもお亡くなりに…
まああの当時の時代だと…まあ吹き出すような内容なんでしょうが、今みたいにひとまわりして全ジャンル到達したようなもんだったら単に一言「曲いいよね」で終わるのものなんだが、まあ得てして人生とはそういうもんですwww


さすがにムチャクチャで…

toni
エマージェンシー!
ござりますがな………www なもんで誰も突っ込めない&駄文書き殴りの惨憺たるものであるが、まあ、予想通りだ…で、今度はいきなしジャズロックに突入。トニー・ウイリアムスがジョン・マクラグリンとラリー・ヤングと作ったパワートリオのファーストにbass&Voがジャック・ブルースという何ともはやのセカンド。ちょっと陰気な所が結構ハードロック感を強めてw というかファーストがまだジャズ寄りならこっちはロック寄り。まあ何年か後にはニューライフタイムでフュージョンややロック寄り方面に走るのだが前の雰囲気引きずるよりはきっぱりと別な事やった方が音楽的には面白いのではないか???というのがワシの考え方なんだが…まあそんな事やってるからレッテル付けが難しいとかわからないとか言われるんでしょうか????ちょっと解せないような気もしますが…まあ好きなようにムチャクチャやってますんで一つご容赦のほど……


ある意味想定の範囲内ですが何か……www

primal
LIVE IN JAPAN
まあ、Nowが全然少ないのはマジ予想されてた事なんでどうと言う事はないがw精々Nowで新譜が出たらとりあえずはチェックするのがこれ。初期はライブもボビーの敬愛するニューオーダーそっくりで頼んないところもあったけど、この頃になると同期は全滅&よそからリーダー格まで引き抜くというおっそろしい真似してるので変に安定してきたというか…まあ実際この時期より後はCDもどれもソツなくまとまってるってのが恐ろしいw エレクトロ・ディスコ&轟音ロック(というか最近の若い人)はこれで充分だろうと思いますがどうでしょう……????まあ全然Nowでないとこがミソか????w


まずは明日5月10日ハードレイン

MOTE企画
『イビツジャンボリー』

5月10日(日曜)@梅田ハードレイン

◇sheep.
◇HOSOME
◇Nasca Car
◇MOTE
open18:30 / start19:00 前売り1500円(1ドリンク別)

まず久々に休みの日にライブ。物販揃えて(新作&再発いろいろ)いきますんで
4649。6月はライブないんで是非


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。