スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ちょっと一息…

えーと久々に『失われたTVの部屋』をこっちで再開してまあいろいろとお問い合せだの激励だの頂いてる訳ですがw(音楽よりこっちのほうが反響いいのはがっかりだ……www)

この間ちょっと久々に本屋によったら「放送禁止映像大全』ってのが文庫で出てたんで立ち読みすると、明智のやつ、キッチリ間違ったまま載せてますね…しかも殺人金魚の話、犯人が佐々木功になってるし……ひょっとして『夕焼けTV番長』から孫引きして間違えましたか???あっちも間違ってるんで……まあそんなんで26話まではほど遠いですがこっちで頑張って書きますんで4649! ちなみに愉快犯は若い頃の斉藤晴彦だw 斉藤晴彦と言えばやっぱしこれですかな……まあちょっと一休みということで、現在『黄金仮面』分析中



スポンサーサイト

これですよ、これw

judas
メタルの醍醐味というか……w ジャケの感じといいもうムード満点w 基本的にワシはメタルとかハードロックは一種のムード音楽と思ってるフシが往々にあるんではないか…????ということに21世紀になって気づいたというか何というか………ドラムの人も元トラピーズでああいうシブいのやってたのにどうしてこう??グレンヒューズはああなるし、メルギャレーはあの有り様…あのバンド呪われとんのかと小一時間…ベストな曲目が多く、この後からNWOBHM方面に作風を変えるんですが(スコーピオンズも同じだったな…)そこ以前の(笑われる要素増大の)メタルというか…いや~こういうの大好きですよ。しかし、ロブ、どっから見てもレッドキングみたいだな…wwwここはプロモも笑えるの多い(まあその意図はないと思うが)ので併せてドゾ。またメタルと言えばやっぱしこれですなwww




7月17日(金)ナスカ・カー ファンダンゴでライブ



2009年7月17日金曜日

 
『CATSUOMATICDEATH "WhoreMotherGoddess" TOUR 』
共演;CATSUOMATICDEATH,

コイトス(クスミヒデオfrom赤犬+フジイトシミツfromANATAKIKOU),

クリトリック・リス


前売\ 2000 当日\ 2300です。
7時スタート!

7月はライブはこれだけです。


そういやどこ行ったあの二人

masaki
2000 BEST上田正樹
スライ&ロビーwww レゲエというとこのリズムセクションってのが80'sの定番だった筈だが今では一体いずこへ……打ち込み系のレゲエ(ルーツっぽいのではないやつ)がどうやら今の主流なのかこういう職人系は消えて行く運命なんですかねえ…アンディニューマークとウィリーウイークスとか。で80'sはこの人もレゲエに接近してて何故か良く聞いていた記憶がある。どうしても代表的なんは「ぼちぼちいこか」になるのはまあしょうがないとしてw しかし何ですな、今となってはなかったことになってるんですな、小柳トムの警官コントのように……www


第二話 首泥棒 魔術師より

脚本:長谷川公之 監督:竹本孝一

まあ、この「江戸川乱歩シリーズ 明智小五郎」の場合はよさげな作品は『原作をかなり改竄&まだしも捏造』したものに多く、マジで??っていうサプライズがないと普通のサスペンスっぽくつらいんですが…マジ原作通りです。ミステリのネタバレはルール違反なんで原作読んで下さいw 
renji

配役であれ?ってのは若い頃の石橋蓮司。70年代に入ってからの異常性格俳優の色がまったくない…最近のいい人もやってるような感じで普通に溶け込んでる…連司が出てきたからこれは何かが…!?と期待したが……う~~~ん。予告編の首なし死体に騙された……

今でも良く聞くクラシック

waksei
惑星
それがいつまでもホルストの『惑星』だったりするわけだ…たぶん一番好きなのがトミタのバージョン。中学の時何故か流行ったなあ…それでシンセに興味を持ち、新聞配達して購入するわけだが、当時はシンセといえばやっぱし「電気を飛ばして…」ってこの話前に書いたよな…www まあ次に好きなバージョンとしてキングクリムゾンのこれがあったりする。中でも火星の下りがいかにも『軍神』って感じでいいですねw ボレロのリズムが気合い入ってくるというか…アルバム全体は宮殿のパターンとフリージャズ風味がかぶさってくる感じの正に次作との中間ってのもまたなかなかナイスな着地方法というか…この時期に出てたキースティペットのソロも好きというかジャケがいいですね。


もう明日です…

2009年6月21日日曜日
HOSOMEプレゼンツパーティー
「電撃コミュニケーションズVOL.4」
地下音泉入場1000円キャンペーン!編
@南船場chikaikkai(地下一階)http://www.perversion-web.com/
17時30分オープン
18時スタート予定
前売り1000円+1ドリンク
当日1500円+1ドリンク
<出演>
ナスカ・カー
あうんさん・すうじぃ
モーモールルギャバン
昆虫皇子
HOSOME
田(a.k.a.Bacon)
<フード> ターン寿司くら
<場内音楽>ワッサジャンボリー
<会場>
南船場chikaikkai(地下一階)
http://www.perversion-web.com/

■地下鉄長堀鶴見緑地線『松屋町駅』下車、徒歩5分!!
1番出口より、向かって正面に見える阪神高速の方へ直進、末吉橋西詰を右折。
そのまま真っ直ぐ約300メートル!
右手にある企業交流プラザビルの地下1階です。

■地下鉄御堂筋線『心斎橋駅』からも歩いて15分!!
クリスタ長堀出口より、長堀通りを東へ、左手に見える東急ハンズを越え、しば
らく直進。
阪神高速高架手前の末吉橋西詰の交差点を左折。
そのまま真っ直ぐ約300メートル!
右手にある企業交流プラザビルの地下1階です。

明日です。出番は2番目なんで7時回ると見られないですよw

久々の全員集合バージョン!
しかもTシャツ在庫一掃処分(Kids-Lのみだが…)¥1000!!

この機会にどうぞ


ほんとにズレてるわな…

bundle
ソフトマシーン「Bundles」
まあ好きな作品はフュージョン化したソフトマシーンw等と言うと大概は小バカにされるもんだが、流れ者wアランホールズワース在籍の時のこれなんかもういい感じで……www まあタイトルがこれでグループは全然オリジナルメンバーではないカールジェンキンスに乗っ取られてしまったことに敬意を表して、『バンドルズ』ではなく『ブンドルズ』wと呼んでいたものです。まああの頃はニューライフタイムとかやってた頃だしね…特長のあるチャルメラみたいなギターw ソフトワークスでもギターシンセとか使ってたけどどう使ってもああなるのはやっぱし個性でしょうw バンド自体はますますフュージョン化を深めていくが、ジャズがフュージョンと化して行く過程って見てると面白いですよw 基本的に他人事は離れてみてると面白いwww
でも未だにソフトマシーンの名前をオリジナルメンバーが使えないってかわいそう……Orz


第一話 殺しの招待状 蜘蛛男より

kumoti
脚本;池上金男 監督:工藤栄一

しょっぱなから舞台はゴーゴークラブ(古!)演奏してるのは10年以上前のDMBQwみたいな喜多村次郎とザ・ライフ…(知らん……)
kumi1


周りもどサイケというかこんな服作ったら古着屋で高く売れそうなwって感じのばっかし。店の内装も全部鏡張り&マネキン陳列というロキシーの『マニフェスト』に近い感じ。
kumo2

そこに現れたのがど変態!いや蜘蛛男!全身黒尽くめで覆面&帽子。どうみても不審者www
kumo3

 おねえちゃんを追い詰めていきなり往復ビンタ!その上針金で絞殺!必然性もなく服を切り裂いて裸に!w そのまま引きずって死体をゴーゴークラブ(床まで透明!!)の片隅に放置!!!これが事件の幕開けであった…
kkumo4

あるオフィス街で個人秘書の面接試験があり多くの女性を集めていた…面接担当は清川新吾!陰気度合いMax!!!!!
kumo5

主人と思しき男の決定で選ばれたのが集三枝子!!おいおいワイルド7かよと突っ込むのはどマニアですなw
kumo6

主人の家にいきなし連行。しかもこの家……無人の家、襲い掛かる影!浴槽に追い込まれた集三枝子は往復ビンタの上(またか…)クロロホルムかがせて、やっぱし脱がすんですか……w しかもその講釈が…
kumo7

「君のような娘さんが僕の手に飛び込んでくるのをどれだけ待った事か、その顔、その身体、君は僕が待ち望んでいた通りの女なんだよ。かわいそうに何の罪もないのにこれからこの世で死ぬ程恥ずかしい思いをしなければならない、それから一番むごい目にあうんだよ。オレはね普通の人間のようにおまえの心なんて欲しくない。身体が欲しいんだよ。君の命が欲しいんだ。オレは人間じゃない,けだものなんだ、けだものと同じに君をいたぶり弄び好きなようにしたいんだよ。そして最後に断末魔の血みどろな姿にしないと気がすまないんだよ。」

ド変態www

その後ザッボ~~~ン……水のはってる浴槽に叩き込んだ…

場所は変わって大学構内、これらの事件について山村聡に意見を求める山田吾一、同席してたのは若い頃の伊丹十三と滝俊介、それに橘ますみ…メシを食いにいきその先で、もっともらしく『犯人は地位も名誉もあり学歴も高いような芸術肌の天才』と弁護説を取る伊丹、それに相対して犯人を『変態』と一言で片付ける滝w。実になんともな推理だが、そこに突然デパートの電光掲示板に橘ますみの殺人予告が!!! 

所変わって無人の一軒家で多くのマネキンと一緒に石膏で固められた集三枝子の死体が!!
kumo8

石膏を叩き割るといきなし腕が……。うわ、気色悪……

日も変わって大学で新体操の練習中、何故か周りに誰もいなくなりw いきなし蜘蛛男登場!やはり追い詰めるも今度は滝&岡田のコンビに阻止される…

そうこうしてるうちに滝は伊丹が蜘蛛男であることを暴いて自首を説得するが……ムリw 案の上逃走… 清川新吾とともにアジトへ、そこにはさらってきた多数の女がいてみな裸だった…って何ですかそれw 
kumo9

逃走前に殺人芸術を完成させるため、何人かは冷凍トラックに積み込み、残りは製氷工場の冷蔵庫の中に裸で追い込むという鬼畜非道ぶりw 
kumo91

「残念ながらお前たちの最後を見とどけてやる時間がない。 だが安心しろ。お前たちはその冷凍地獄の中で凍え死ぬ。そして生きた人間とまったくかわらない冷たい人形になるんだ。そのお前たちの死体を後でゆっくりと弄んでやる。生きてるうち味わえない恥ずかしい目を死んだその身体で味わうんだ。」


走り出すトラック、しかもコンテナの中から毒ガスが……悶え苦しむ裸女…
kumo10

「どうです、いまだかって誰か想像したものがありますか?この東京の真ん中の銀座通りで真っ昼間 集団殺人が行われておる。たった一枚の鉄板を隔てた向こう側で美しい娘たちが真っ裸で殺されておる。それをだな、見たまえ、この街を歩く愚劣な人間どもは何も知らんでおる。この驚嘆すべき殺人芸術を一目たりとも見る事が出来ない。あ~損ですな。」語り口調は往年のキューピーマヨネーズのCMのごとしwww あかんやろw
しかもどう考えてもこれ銀座の三菱地所のところでは……??ようもまあこんな番組放送できたな……地上波で…

でアジトの製氷工場で対峙する伊丹と滝、もう全員殺して殺人芸術は完成したのでつかまってもいいと開きなおる伊丹に、滝の大どんでん返しがwww 絶望して逃げる伊丹、自首を説得する山村、最終的に伊丹がとった行動は氷の塊に押しつぶされて自殺する事だった…
kumo11

最後につぶやく滝
「悪魔のような恐ろしい男だった。だが蜘蛛男は自分が言ったとおり天才だった。僕にもあいつの言う殺人芸術の美がわかるような気がする。いや僕の心の奥底にもやつと同じ美しさのあこがれがあるのかもしれない。だから僕はこの勝利を喜ぶ気がしない。いやむしろ悲しいんだよ。」

う~~んどう考えても変態宣言ですか……????まあその気持わからんでもないが…w 先が楽しみ…いや思いやられますな…





我が青春の…Part2

cool

DEAD HEAT 日比谷

昔、E.Yazawaを見に行くと停学になったもんだが(ワシもなりました…w)その後でこれを見に行ったら単なる『補導&注意』だけで終わった……

「謝れ!クールスに謝れ!!!!」w

その時の演奏を含むライブ盤。(基本日比谷、一部雲竜ホール)まあそれより3年くらい後にナゴヤ球場で行なわれたライブの客はこんなんが大半…www 一体何をどう頑張るかは……謎だw




キャスティングが……

なんせこんな感じ
明智小五郎…滝俊介。芸名の名付け親は江戸川乱歩未亡人!他の作品では溝口舜亮で出てるので何かややこしいw だがこの人俳優座出身で原田芳雄とか大地喜和子とか前田吟、林隆三らと同期ってのが何かいいよなwの15期生。浪越警部が必殺仕置人(仏の首にナワかけろ)で山崎努に首つりのロシアンルーレットをしかけられた山田吾一、その妹浪越亜沙子に石井輝男映画の悲惨な常連の橘ますみ、もう少年というのは無理!な小林くんに現東映の社長w岡田裕介。一応明智小五郎は探偵がバイトみたいなもので大学の犯罪心理学の教授という設定。しかも岡田&橘はそのゼミの生徒…、でその明智の恩師が矢部警視もしくは音羽屋半右衛門wはたまた日本国総理wwwの山村聡!この人実は映画カントクもやってたみたいで、結構なインテリなんだが、その作品は何と今話題沸騰の『蟹工船』w見てみたいもんだ…今ヘンな意味でブームだし…まあ元々がインテリだからヘンな事とか、間違ってもプレイガールのオープニングみたいに『戦艦ポチョムキン』のオマージュ入れるようなマネはしてないとは思うが…w 今考えてみればデ・パルマの「アンタッチャブル」より早かったなw


まあこんな人たちの濃い口テイストと70年手前な暗い雰囲気と東映三角マークテイストが見事にミクスチャーして、更に乱歩の耽美な部分を『サイケ、エログロ、ナンセンス』に安直に置き換えた怪番組が「江戸川乱歩シリーズ 明智小五郎」であるw この時代は「恐怖劇場アンバランス」とか「ジキルとハイド」とか怪番組が多くて(というかこの3本が怪番組の三大巨頭w)中々見る機会もうす口の80年に入ってからはまったくなく、本放送の時すらオクラ入りだったのに…(この3番組はみなそうだった……)という正に逆風の時代であったが衛星放送で何の因果か(放送事故???)放映されて(しかし一回きり、メジャーな円谷製作のアンバランスのみDVD化)ようやく確認できたのでこうやって紹介できるわけである… まあこんなところ読んでるようなやつはワシと同じように頭の悪いボンクラが大半と思うがw まあそんなボンクラが喜ぶような作品を紹介しつづけるほうが喜んでいただけるようなのでw(前HPで確認済みwww) 次回からは作品解説に入りますが、面白いのはめちゃくちゃ面白いがしょうもない回はめちゃくちゃしょうもないので解説にバラつきがあると思いますが平にご容赦を……



大丈夫かな…

yuki1
What,Me Worry?
ビートルズならジョージ、YMOならユキヒロ派ですが……何か????wってまた前に同じ事言ってたような気がするが、まあそんなところでw サラヴァから高橋幸宏ソロ買いはじめたんですが(今でも出たら必ずチェックはしてる…たまに買えてない時もありますがw)、YMO絶頂期に出てきたソロがこれ。神経悪いと御本人がよく仰るのでマジで、大丈夫ですか?とこっちが聞きたいw でもその頃は実はそうでもなかったようでw この辺の音の傾向がモロNWなんだが、歌の感じが後の大人のAOR3部作に接近してる自分的には好きな一枚。ポップスと実験的なヘンなのが入り交じった感じが好きなのか…オレは???w そういや以外とフィル・コリンズのソロとかも以外と好き(しかもジェネシスは眩惑のスーパーライブとスリーサイドライブが フェイバリット!を公言するか??バカにされるぞw)なんですが、う~~ん、未だにライブで「スネアにゲートリバーブかまして下さいw」と設定を強要するところがニューウエーブなんでしょうか??


土曜の昼間は裸満載……w


まあ万博の前にこんなテレビ番組やってたわけだがw ポプラ社の表紙ではなく講談社の方のテイストが強いという耽美というかエログロ満載というか…まあこれを当時オンタイムで見たわけでなく、中学の時に昼の2時くらいにローカル放送局でオンエアされてたんだが、中身がまた、スゴいねwwwいきなり第一話から裸満載……昼に見る肉色の悪夢www 前の前のHPでこれもやる予定してたんだけどさすがに一本まとめて書くのは結構根性と時間と余裕ないと無理。の結論から放置しっぱなしだったけど、考えたら、あ、ここでカテゴリ-でまとめたらいけるやん!と。てなわけで時間はかかりますがぼちぼちと書いていきますんで4649です。
でオープニングがこれだ!主題歌というか音楽はこの道の大家菊地俊輔!テイストは怪奇色濃いめの仮面ライダーwww ではまずはそのオープニングからお楽しみ下さい。
しかしオープニングでこのナレーション……実にイヤな感じだwww

sedp
青銅の魔人―少年探偵 (ポプラ文庫クラシック)

こんなんだったよ……


ツイスト&シャウト!!


で『でさのよツイスト』を引っ張り出すのはどうかと思うがw 元スリーファンキーズの八百を筆頭に何故か先頭きって単車に乗る草波隊長w&中山エミリ父の世界など荒くれ男たちが晩飯どきの茶の間に死体の山を築くだけの伝説の番組も何か今では結構安い価格でDVDが出てる…(まあ画質はあれだが……)正に『男なら泣け!』ですなwそういや4年程前に梅田のまんだらけで飛場ちゃん所有のレミントンのショットガンを12000円で購入したが、地上オンエア中はまだ販売されておらず、当時の基本はシュマイザー(12000円)かトンプソン(ドラムマガジン付15800)だった……当時トンプソンが欲しかった…のは小学校6年の時。まあこの辺りから名古屋へちょくちょく行くようになったんですが…MGCボンドショップ。サンモールにしかなかったんだよなあ……しかし小学校6年でモデルガンばらして油さして分解掃除するってのは今から考えるとロクなもんではないような気がする…w 社会が怨念の塊みたいな時代の『超名作』ですな。元日から『両国死す』だしサブタイトルで『殺してやる!』ってのも子供番組にしたらトンでもない…… 細かい事は10年以上前に書いて放置しっぱなしのこっち参照w
ワイルド7







我が青春の…

ダウンタウンブギウギバンドw 何故かという事はmixiとかで書いて(2回ほど)あるので(しかもかなり過去)聞きたい人は個人的に聞いてくれたら話すから4649。カタカナ演歌とか和製ブルースだの言われてきましたが、いや~やっぱり今聞いても染みるねえwww 「探偵物語」ラストの「身も心も」とか「白昼の死角」の「欲望の街」とか…マジで悪い映画とテレビの見過ぎのような…… 個人的には「港のヨーコヨコハマヨコスカ」(ヒット時は「夜明けの刑事」とかも出てましたね……)とか「商品には手を出すな」等のリフ展開が好きだったりする…






世の中静かな方が丁度いい

jonaba
アーケイド
まあ元々がやかましいところで生まれ育ったので生活騒音は苦にならんが情報が多すぎたりすると逆に何やったらいいかわからんもんな…そんな時はこんな感じでECM系のギターものとかがいい感じです。騒がしい世間に対して同じようにけたたましいのもいいけど、そんな時こそじっくり落ち着いて惚けてみたいもんです。まあこれも行き過ぎるとウインダムヒルみたいな感じになりそうなんで困りますが…まあきれいな絵に和みますとか癒されますといって◎ッ◎ンの絵で高額なローン組まされるようなもんか??違うか??w


アンバランス!

uruQ
ウルトラマン生誕40周年記念 ウルトラサウンド殿堂シリーズ(1) ウルトラQ

といってもレーベルではなくw 恐怖劇場でもなく、「アンバランスゾーンなのです。」の石坂浩二のナレーションが印象的なウルトラQですが、最近の「~ダークファンタジー」の方に出て来たガラモン(こっちはガラゴンだが…)は変に造型が丸くなって『ムショ帰りの坊主頭』っぽいw 等としょうもないことをいっててもしょうがないのだが、やっぱし印象的なのはその音楽で、作者は「宮内國郎」先生なのだが、このミュージックソウとかエレクトリックアコーディオンとかあのテーマ曲のギターとかこんだけ印象的な曲が多いのにあんましサントラがないというか……かの傑作「ガス人間第一号」(持ってるけどさすがに売る気なし)くらいだもんなあ…狭い音階でのオスティナートで執拗な感じを表現したという一回聞いたらインパクト大な音楽。大半はこっちに流用されてるので手に入らなければこっちで聞いてもいいかも。あと劇伴としては「ウルトラファイト」もやっておられてあのテーマ曲を聞くとちんどんや的なというか軽く小バカにされた感じとかもほほえましくていいですね。絵にあったというか、こうあの時代の子供たちの琴線に触れるというか…「鳥を見た」のラスト音楽とか聞くと泣けてくるのはあの時代の子供たちの共通な郷愁なのかもしれません…(とラストまで石坂浩二調もどうかと思うwww)
garagon


ウルトラQ~dark fantasy~case1(初回限定盤) [DVD]







音質はカセットぐらいがちょうどよかったりして…

reynol
REYNOLS
そういう意味での最近のHQ規格のってあんまし信用してないんだけど…
意外と昔のカセットレベルのやつの方が何故かリアルな気がするのは、ワシら(の世代は特に)カセットに思い入れがあるのかないのか、まあ自宅でラインで録音ってのを考えられなかったのでマイクをテレビに近付けて録音してヤングミュージックショーを聞いたりとかしてたから特に…だよな。とこれとかウルトラビデの最初のアルケミーから出てた分とかは特に、「うわ!」って感じだったが、それがまた今はいいんですな。しかしここのGの人はソロで日本に来たけど何か音が異様に小さいというか何かヘンだったというか、よく訳がわかりませんでしたがおしなべて高音質だったらいいというものではないというか、そんなCD。今でも何かナゾを手探りで探すような感じで聞いてますが何か……まあこれAmazonにないから自分のやつをスキャンしてうPしますた。しかし、この雑な壮丁がまたいい


音楽DVD見て泣けてくる事は少ない…


kidswho
キッズ・アー・オールライト [DVD]

だから音楽DVDは売れないんだろうな…
もうコピーもん多いし、大体一回LDで見てるしそんなに何とかしようとは思えない…まあ基本的にパープル関連は積極的に見たいのだが72年のとかカリジャムとか紫の燃焼のVTRとかみんなDVD-Rに焼いちゃったから……で、全然パープルとは関係ないがwそんな中でもフーのこれはやっぱしこれは編集の妙がイイというか飽きずにずっと見れるのがいいですね。映画のトミーだとさすがに飽きますがwこっちはドキュメンタリーっぽいし元々は映画だったけど、発売されてから、購入してVTR(β)>VTR(VHS)>LD>自作でDVD-Rと変遷してますが、時代を通して持ち味のいいとこ取りというか、ラストの無法の世界のピートとキースの絡みは何かこうクルもんがありますね。まあそれ何も感じなかったらロックはもう聞かなくてよくなるんでしょうね…でもそんな日はいつ来ることやら…

6月21日 地下一階にてライブ



ちょっとパラメータとかいじくって変わった事やってみました…

# コメントにリンク貼れないので



昔ならドイツ兵から作ったものだが……

大きい事はいいことだ(って前やったか??ならPart2w)

009BW
サイボーグ009 1968 DVD-COLLECTION
2009年なんで009の年らしいですよ…でまだ家のテレビが白黒の頃にやってた方なんだが、話がオリジナルで設定が元設定と結構変わってる(007が子供…まあ、後年子供に変身してるというつじつま合わせがw)からどうかと思ったけど元の話も暗い上にこっちも同じように暗いから違和感全然なかったw また話はでかいし…そんな中でも好きなのが「大平洋の亡霊」という話で、旧日本軍の科学者が水爆実験で沈んだ戦艦長門をテレキネシスで動かしてアメリカ本土に特攻をかけるという、今やったら明らかに放送禁止レベルの恐ろしい話だが、結末も………凄かった……。最近は昔のテレビを見て矛盾点をつっこみ笑いを取ろうとする愛情のない輩がネタにしてるが(まあ冷静になってみればそれもしょうがないんだが…)、そういうものをはるかに超えたというか…いや~あれで押し切るパワーは凄いね。まさに大きいことはいい事だw しかしそんな009、DVD-BOX出るんですね……Orz



何故こっちの方が安い???

zeptowa
THE SONG REMAINS THE SAME ― 狂熱のライブ [DVD]
昔ツエッペリンのこの映画は『衆楽70mm劇場』(地元の映画館です…)に見に行った記憶があります(ラストワルツもここでみたような……)、フィルムコンサートでもなかったらなかなか動く洋楽ロックを見る事が出来なかったものですが、今DVD安いのね……しかもこれの「サントラ盤」の方が高いって???何故???もう世界的に充分元はとれてるからこうなのか、マジでよくわからんw Youtubeがある今では見れないものはまったくないという恐るべき状態になってるのが何ともだけれど「有り余ってる時代」の方が「探しても見当たらない時代」よりもあんまし豊かでないってこういう年寄りには身につまされるものがありますな。と老人の茶のみ話みたいな事を言いそうなんですが、でも、だけれど、それでも時代は動いてるwwwのは確かな事です。再結成イコール金のためばかりでもないでしょうな、パープルとかツエッペリンの情勢を見てて特に思いました。『乞食と役者は3日やったらやめられない』ってヤツですなw


6月21日 地下一階にてライブ

2009年6月21日日曜日

HOSOMEプレゼンツパーティー
「電撃コミュニケーションズVOL.4」


地下音泉入場1000円キャンペーン!編

@南船場chikaikkai(地下一階)http://www.perversion-web.com/

17時30分オープン
18時スタート予定

前売り1000円+1ドリンク
当日1500円+1ドリンク

<出演>
ナスカ・カー

あうんさん・すうじぃ
http://www.geocities.jp/aunsansuzie/pcindex.html

モーモールルギャバン
http://sound.jp/mo-lulu/

昆虫皇子
http://mixi.jp/view_community.pl?id=3492982

HOSOME
http://hosome.net/

田(a.k.a.Bacon)
http://www.myspace.com/baconosaka



<フード>

ターン寿司くら



ワッサジャンボリー


<会場>
南船場chikaikkai(地下一階)
http://www.perversion-web.com/

■地下鉄長堀鶴見緑地線『松屋町駅』下車、徒歩5分!!
1番出口より、向かって正面に見える阪神高速の方へ直進、末吉橋西詰を右折。
そのまま真っ直ぐ約300メートル!
右手にある企業交流プラザビルの地下1階です。

■地下鉄御堂筋線『心斎橋駅』からも歩いて15分!!
クリスタ長堀出口より、長堀通りを東へ、左手に見える東急ハンズを越え、しば
らく直進。
阪神高速高架手前の末吉橋西詰の交差点を左折。
そのまま真っ直ぐ約300メートル!
右手にある企業交流プラザビルの地下1階です。

映像は日曜に作るからまってくれwwww

ワシらの時代

masu
大山倍達、世界制覇の道 (角川文庫)
って大江健三郎みたいなタイトルつけてどうする…wwwって話ですが格闘技と言えばやっぱしこれでしょう。マンガとのメディアミックスっぽかったけど中々面白かった。なかなかこれはDVD化は無理だろうと思ったらYoutubeにしっかりあった。最近ブックオフでこれを購入して読みながらYoutubeでこの辺見てるという一体今がいつなのかよくわからなくなりますな…いつもながらw この辺とドラゴン、アリ対猪木、猪木VSウイリーとかもうむちゃくちゃでたまらんw 東映の千葉真一版はまあどうか?と思うところが多いですが、松竹系でやってた三協映画のやつは何か面白かったというか…
baka
空手バカ一代 DVD-BOX 1
tijyousaikyo
地上最強のカラテ 結集篇 [DVD]



サルバドールにブルースを

cann
Future Blues
…だったりするとまんまサンタナになるから、それはあえてスルーwww ブルースのわかりやすいというかプログレッシブな面が爆発したのがこのアルバム。Gにハービーマンデル(ストーンズのホットスタッフのGを弾いた人)が加入してこうなったというか、こうなるともはや『過去のじじむさい焼き直し』ではありませんなw それ以前のサイケ期もそれはそれで面白いから一定の評価は得られるものの、このあたりになるとモロに「通ごのみ」で一言評価されることが多いですがワシはこの辺の感じが結構好きです。



で流しっぱなしというと

enokura
Cluster & Eno
アンビエントw っていう短絡的な発想になるんですがw これは静かに流しっぱなしにしたいですね。またジャケの感じも象徴的だし。昔『環境ビデオ』wってのが瞬間流行った時にイーノの「サーズディ・アフタヌーン」って作品がありましたが、あれってかなり真のアンビエントというか(あってもなくてもどうでもいいw むしろそれの為にテレビをひっくり返すのがめんどくさいwww もしやそれが狙い???)それよりは音楽鑑賞寄りの作品かと思いますが…何か??w




一気に上げるよ、ベアーズのライブ

しかし、これでワンステージって短か過ぎ







しかしこれもミニマルと言っていいのか???

kure
クレクレタコラ DVD-BOX
ずっと見てると脳ミソが溶けてきそうwww 言ってみれば「暴力」「略奪」の繰り返しというヒド過ぎる子供番組だが、昔の人は子供をあんましガキ扱いしてなかったというか何というか… この頃の子供番組がこんなん多すぎるから今のがモノ足らない…まあそれはそれで仕方ないw 街中で過激派が爆弾爆発させてた頃だったし…これ見ててもとても東京の市街地とは思えないw ああ、昭和は遠くなりにけり……



瞬間風速三百メートルw

Bow
I Want Candy: Anthology
まあ、俗にいう一発屋というか…FGTHとかジグジグとかナックとかw 大自慢ブラザーズバンドとかまで入れるとどんどんギャグに近いものになるが、これも確かアダムアントと同じくマルコムマクラーレンのインチキ商売の一環で世に出てきてその存在はさすがに今は知る人しか知らないwという正に悲しいものがあるが、ラテン、アフロ、ファンクとダンサブルな所をうまいこと抽出したというかコロンブスの卵というか、今聞いて結構いいのが何でかなあ……w 多分ワシがサンタナ大好きだからだろうと思うが…RR&Pだったらネナ・チェリーは生き残ったものの、アナベラ、どこで何しとることやら……




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。