ソウル借り物競争…

kokomo

『ココモ/ファンキーマシーンNO.1』

というわけではないが、イギリス人のやる音楽って、ブルースならホワイトブルースとかR&Bならホワイトソウルというか、その辺の代表格がアヴェレージホワイトバンドとこれなんだが、まあ当時、こっちはどっちか言えば好きモノ扱いだったような…まあ後年レアグルーヴの扱いでまあ何とか最近は名バンド扱いだが昔は風当たり強かったですね……でもニューウエーブ後半時にはメンバーがロキシーのツアーメンバーに抜擢されたりと、まあ少しは恵まれたかな…まあその系譜でいくとアヴァロンのロキシーってR&B風味と言えなくもない……かな????w まあプログレッシヴなブラコンwwwということで……

締めくくったら起こられそうな予感……

スポンサーサイト

スカスカ大好きw

lee

「リー・リトナー/キャプテンズ・ジャーニー」

まあ前にも書いたがどうも音をブ厚くってのがあんまし好きではない性分は
この辺のフュージョン好きから来てるのでは………??w とwww
まあジャズロックとフュージョンの区別が付きにくい時代に聞いてたのがかなりの
問題(ルーツ??w)だったりして……w カッティングとかエレピのニュアンス出そうと
思ったら爆音でブ厚いってのはちょっと……ってのは昔からの性分かと。
これも70年代の産物ですね……しかしハードロックとか昔のロックが70'sってのは
完全後追いの意見で、実際はフュージョンありディスコありテクノありパンクありと
もはや何でもあった時代なのは時代のまっただ中にいたからでしょうか……
クイーンを見に行ったその足で同じ会場にEW&Fをみたり、その前のトシにはキャンディーズw 脈絡あるようでない時代でしたな…

まあインスト&サントラとか聞くとやっぱしこっちに入らざるを得ないのはしょうがないw

秋の夜長に……

rickie

『リッキー・リー・ジョーンズ/パイレーツ』

シブい大人ならジャックダニエルとかで決めたいものだが、大概はビール&焼酎と
労働者階級の飲む酒をかっくらって居眠りかましてる訳ですが……

まあこういう落ち着いた感じのシンガーソングライターものもたまにはいいですね。
フルムーン一派のバッキングもツボを得たというか…
ちなみに旧日本盤のライナーは田中康夫www  何となくクリスタルw
とりあえずダム反対www いつの話やねんw
90年以降にはなくなった味わいですな。

第6話 吸血鬼

脚本 高岩肇 宮川一郎  監督 石川義寛


*注:このエントリは前の前のHPから延々続いていた『Lost TV』からの流れを受けるもので突如ここから読みはじめるとこのブログ自体訳が分からなくなりますので『エントリ』の『Lost TV江戸川乱歩シリーズ明智小五郎』を選んで読んでいただくと話が繋がって少しはわかりやすくなるかもしれません……



佐々木愛を金の力で嫁に迎えた沼田曜一(セミ人間を倒した英雄&民話の語り手&天知茂を追い込む極悪人から悪魔道人…振り幅広すぎwww)が殺される…しかも全身からすべての血液が抜き取られていた…え?

沼田の隠し財産を狙い屋敷にどうみてもあやしい男たちが集まるもどれもこれも殺される…はあ?

「犯人は血というものに何か怨念を持って犯行を繰り返しているんだ」と語る滝。う~~~~ん。
絶命する早川保「教えてくれ明智さん、この血のどこが普通の人と違うんだ」

かなり元ネタと違ってきてますがあえてここは内容は書かないでおきますw 2時間サスペンスの犯人を最初にネタばらしするようなものになりかねない……
しかしこういう話は昔必殺仕掛人で「地獄に送れ狂った血」という放送禁止話(いまではそうでもないらしい)がありましたがそっちにテイストが近いのかも。

すいません、マジでキャプ追いつきません…………Orz

でこんなコピーもありました。

ero

『エアロスミス/野獣生誕』

俗にいうハードロック第2世代w エアロのファーストのチャッチコピーは「レイドバック?ぶち殺すぞ-スティーブン・タイラー」だった記憶が……しかも後から発売になった(?)と思しき「野獣生誕」w しかしアメリカンハードロックというものの、今から考えたらヤードバーズですなw まさか復活するともB'zみたいに(逆か??w)なるとも思わなかった…まあ確かにパンク&ニューウエーブ時代は低迷してましたからねえ……

でその本家の枯れ切った感じのが……

slowh

『エリック・クラプトン/スローハンド』

話トビ過ぎだが、これだ!!w オレもレイドバックしたいwww


10月25日(日)なんばベアーズでライブ!!!

何はともあれ……

一旦、再結成ジ・オリジナル・ウルトラビデは終了。今度の日曜はこれだ!!

mongo

10月25日(日)難波ベアーズ


OPEN 18:30 / START 19:00
ADV 1500円 / DOOR 2000円

『モンゴロイド0指令』

共演:
LADY-MIXED CONCRETE
HELICOID 0222MB
Three Mantras(河端一+山崎マゾ+吉田ヤスシ)

ナスカ・カー、メンバーチェンジ後も評判もよく、いい感じでライブ出来ると
思います&またもやスズキジュンゾ参加www

派手にいきます。

あとライブないし……


日本の何々とか西の何々ってなんだろうね……

shoken

『萩原健一/熱狂雷舞』


とデビュー時に「西の電気グルーヴ」と言われてた自分がいうのも何だがw(今となってはこっちにその面影がないwww)日本のエリック・クラプトンと言えば柳ジョージw まあ何をもってそういうのかよくわからんがライブでフォエバーマンとかやってたりするからしょうがないが、そんな柳ジョージのプレイが炸裂するのがこれ。ド初期のショーケンスタイルだが個人的にいい曲が多いので数あるライブ盤の中ではこれを愛聴してますが、まあこのファッションは……まさか、Man-Machine????まさかねw

mmsin



まあ若い頃と年いってからは…

jt

『ジェイムス・テイラー/JT』

やっぱし聞き方って変わってくるもので、血の気の多かった頃はあんまし聞く気がなかったシンガーソングライターの作品も素直に聞けるようになるw と。昔は『新しい刺激』を求めて聞いたりしたものの、聞く方も人間的に成熟してくると(してるのか?????)味わいが優先したりするもんですが、そういう意味では聞くのも学習の一種なのかもしれない…だからこういうのもすんなりと……だがいつものAOR万歳路線が個人的にあるのはどういうことかと小一時間…………

プログレを水で割ったらアメリカンwww

kansas

『カンサス/偉大なる聴衆へ』

まあそんな展開ごちゃごちゃの帝王というか、アメリカンプログレの代名詞w ことカンサスのライブ盤。展開がごちゃごちゃ多いおかげで曲の全貌が未だに覚えられない……Orz  水で割ったらアメリカンでも手強いですが、更に水で割るとStyxとかの産業ロック方面にwww しかしアメリカンコーヒーを薄いコーヒーと定義したのは誰ですかね…???まあ今時は古い喫茶店でもいかないと通用しない言葉だったりしてw まあそもそも75年以降にこんな音楽やろうなんて思ったのが問題では???w 但し今でもドリームシアターのような例もあるのである層には需要はあるんでしょう……


そういうことで

まあ何とか終了、ジ・オリジナル・ウルトラビデ。

まあこんなんだが見たい人はどうぞw 最後の方はライブの模様も……



やっぱし高い方が音がいいのか……

terumi2

『Etherwave Thermin』

結局Moogテルミンのオクターブの(結構)均等さ(安いのは音程幅が凄い不安定…Orz)と元々の音のよさはやっぱし修得するには適した機材ではないかと…… でも演奏はイコール曲をその通りにやるだけというわけではないのでw まあ安いのはトビ道具としてw しかし学研プレミアムテルミン、イシバシテルミンよりやりやすかったな…まあ2本アンテナだけど安いし…w ただスタンド必要なのはまあしょうがないWWW 
moogbag


金があったらこのGigバッグが欲しいな…

負ける時もあるだろう……

mikami

『三上寛/負ける時もあるだろう』

まあ人間上がったり下がったりふんだりけったり(それはちょっとヤかも……)あるもんだから、負けっぱなしでも大小があって大の負けに比べたら小の負けは勝ちなのかもしれない……などとアホな事を言ってる場合ではないw まあ所詮浮き草人生ですよw ど~~~んと構えていきましょう、等とどてらい奴みたいな事を抜かしとってもどうかと……w もう最近ではそういうのは流行りませんがね… かと言ってバブル期のトレンディドラマみたいなもんはもはやファンタジーの領域ですがwww 

話は変わりますが、このアルバム聞いてて下っ腹に気合いが入ってくるアルバムですな。

今考えるとニューウエーブとは何だったのか???

cult

『ザ・カルト/エレクトリック』

まあ、ハードロックとかプログレとか古いもん否定した果てがこれw モロに乾いたハードロックwww リックルービンの名プロデュースが冴え渡る(というかやっぱしこうなるw まあこれがその一番初期仕事だが……)。人の感覚としてまあ5年前のリバイバルは許せなくても10年前のは許せるんでしょうな……www 何と心根の狭いw その感じでいけば次は99年の頃の流行りのリバイバル???? まさかノストラダムスではないだろうw

オレ的にベストなゴジラ映画

kingo

『キングコング対ゴジラ』

オリジナル全長版が残ってなかったらしく無理矢理フィルム起こしのをつないで全長版をこさえた代物だが(現存してるのはチャンピオンまつり版らしい…)まあそんなん苦にならず、どっちも着ぐるみとは思えなかった出来ばえといい(ずっとあの動物:しかも人間サイズのものがいると思ってました……)テンポのいい演出といい個人的に一番好きなんですが(特にゴジラの造型、どうみてもトカゲの親方www)まあ、怪獣ものに東宝サラリーマン映画が合体した正に昭和東宝ゴラク座のノリなんですが、今働いてまたこれがよくわかるというか…まあわかっちゃいるけどやめられねえwww そういや『ゴジラ伝説』とか『ゴジラファンタジー』はLD化されたもののDVDは限定のみ……まあ似たような『クレージーキャッツデラックス』(大瀧詠一監修!)は出てる?かな???本編バラした編集ものだが素材がいいと編集がうまけりゃいい感じになるわな……と

これでこそニューアクション!

hyo

『狙撃』(ジャケは『豹は走った』だが気にしないで……)

ひたすら陰気な若大将w 意味不明かつ絶望的な結末の為だけに存在する浅丘ルリ子ww アナキストな岸田森www スタイリッシュかつ暴力的な脚本と演出。未見の方はレンタルでいいから是非見て欲しいですな。まあここから加山雄三ニューアクション三部作がスタートするんですが、世間はやっぱし若大将を求めてたようだ……まあ国民が渥美清に『スクラップ軍団』ではなく『寅さん』を求めてるようなもんだったりして…w

suku


B級バンザイ!w

REX

『REX/REX』

まあA級のも出揃ったらとうとう真打ち登場wのB級路線に手が伸びるわけだが、70'sハードロックはやっぱし英米日いろいろな国で様々なB級バンド(C~Z級もあり)を産み出したがw ここで紹介するのはまあまあB級レベルのハードロックです。ソリッドで結構ワイルドだったけど当時はハードロック下火ブーム中wだったのであまりパッとしませんでしたが今聞いたらもうその辺は大丈夫かとw…そういや昔は過去の音源あれこれ探して自分の血肉にするって感じでしたが、今ってあれこれ逆に多すぎてもう若い人、探す気もなくなっちゃうんだろうな…まあ人間ParisのセカンドとかDetectiveのセカンドとか喜んで買うようだったらもう何かおかしいですよwww

中スカスカ……w

ball

『AC/DC ボールブレイカー』

まあ人のバンドの名前をそう呼ぶヤツもたまにいるのだがw まあ自分でも音がスカスカな方が大好きなのでさもありなんwww スカスカの大家と言えばやっぱしこれ。リック・ルービンプロデュース!!!w カルトといいこれといいなんとも言えない感じのこのドラムはやっぱしいいですねwww やっぱし厚みで埋めつくす感じよりシンプルに叩き出すというか一個一個の音が大きいと言うか。単純な事はいいことだwww
しかし逆にどれ聞いてもドラムパターンがほぼ一緒ってのはやり過ぎかもw

10/12(mon)@HOKAGE でライブ!

10/12(mon)@HOKAGE

[HOKAGE 3rd ANNIVERSARY!!!]

出演
YHVH
NASCA CAR
Buddahstick (ex psychedelic desert)
下山

open 18:30/start 19:00
adv 1500yen/door 2000yen

久々のナスカ・カー、キメ度の強いナンバー中心のステージで
やりますんで4649! 機材編成も変わったよw (久々に新兵器登場www)

また新しくギターに『ボクボックス』の生駒敦哉が初参加!
新しいメンバーになってもあんまし内容が変わらないwと言われるナスカ・カーですが
そのくせ完成度は高いですよ!!!!w 是非4649です

ノストラダムスの大予言

daiyogen1

『ノストラダムスの大予言』

もちょっと頼まれたので久々に観てました……しかし、中野フラッシュ多用の連鎖爆発シーンはスゴいですねw まあ円谷英二亡き後は中野昭慶特技監督がもうやりたい放題というか…
まあ確かにヘドラ以降ひたすらカラフルというか火薬も色変えたりして、もう何か花火みてるみたいな……最近(といっても10年近く経つのか……)のゴジラはどうもその辺がオーバーな派手さに欠けるというか手堅いというか……

もうそれは荒唐無稽な話なんだから徹底的にやったらいいんではないかと…その点日本沈没からガンガンきめまくった中野フラッシュの完成形というか…個人的にはドラマも音楽も総合的に好きなんですけどね……でも冨田勲曰く「あんまり気に入ってないんだよね…」らしいので気分はやや複雑。10年以上前にグリフィンの通販で購入した『大予言セット』(紙媒体全部)は宝物で(ちなみにナスカ・カー、セカンドアルバムのテーマはこれでしたw しかも孫引きしてそこから音楽とってニュース番組でノストラダムスの特集のバックにセカンドからの曲が流れてたのには面食らいましたがwww)
mao

その解説書の中にある続編の『ノストラダムスの大予言2』の企画はもう一回ちゃんと東宝でやってくんないかな……『右翼による国家転覆を狙ったクーデター』『ノストラダムスの霊媒実験』『惑星直列』w……なんて魅力的なテーマかと……

マンガ原作の映画より面白いんではないかと……

1999年終わってもまあMarsが統治するので今でもノストラダムスを引きずっていてもいいのではないかと……北欧にも同名のメタルバンドあり、ジューダスも未だにアルバム名がそれだし……

まあ我々は未だに20世紀を引きずっているのでしょうwww


Destroy All Monsters!!!!!

sosingeki

『怪獣総進撃』

まあちょっと用事あったんで久々に特撮モノのDVDを見てました……w
まあ、有名な某バンドの名前はこれから直で拝借したもので、中身はというと
元々が『怪獣忠臣蔵』wとして企画してただけあって「今までの全部出しましょ」ノリで
総決算的な勢いがw しかも特技監督で円谷英二の最終作! そういやこのあとは
『オール怪獣大進撃』>『ヘドラ』という異質なノリに移行しますな……

軍隊チックなテーマ曲のまた低音部分が個人的に盛り上がってくるというか…
これも出来たらカバーしたい一曲ですなw しかしキラアク星人って……
元ネタ忠臣蔵ってのもなあ……

マジで本が読みづらい……

sinake

『必殺仕掛人』

まさかと思ったがやっぱし老眼……Orz  老後は本でも読んで静かに過ごそうと思ったのにwww そうなるとこれらの家に山積みのDVDはどうしたもんかと…… まあ何回見ても飽きる事がない必殺ものと言えばやっぱし初回の「必殺仕掛人」ですなw 第一回目で見せた深作カントクの手持ちカメラを使ったワイルド&暴力的なシーンはもはや池波正太郎の原作を超えたというか…まあ、そりゃ原作からクレームも来るでしょうw 練りに練られた脚本と演出、見ごたえのある映像&役者が揃うとまあ、これテレビじゃなくて映画ですわな…www 探せばレンタル屋で借りられると思うので是非。そういや池波先生曰く、日本人の基本的メンタリティはこの時代に確立したという歴史的な面も踏まえて見るとハマると思いますよ。ちなみにエロ成分は結構少ないですがヘンに反体制趣向はあちこちに見られますwww




秋ですね……

bib

『AC/DC : バック・イン・ブラック』

朝方が寒くなる今日この頃ですがいかがお過ごしですか…?w まあこんな時はあんまし物事を考えたくないというか物思いにふける余裕がないのでいきなしハードロックですw 前任に比べて異様にこのカン高い声というか見てくれが競馬場の予想屋のような感じとミスマッチして、何ともいえないイイ味を出してるんですが日本では一部を除いて欧米ほど人気がないようですが(それでもビッグネームですが…)モーターヘッド、ラモーンズと並ぶワンパターンの帝王ぶりはやっぱ凄いですね。何か人間がミニマルに出来てるというか展開ごちゃごちゃ多いのはどうも苦手です(^^;


やっぱし早けりゃ早い方がいい

mtalk

『メタリカ/メタルマスター』

スラッシュメタルが流行ってからはや20年近いんですが、何かそれ以降やたらとスピード優先というか『早けりゃいいんだろw』的なバンドやらガンガン出てきましたが、まあやっぱしそうなると何事も限度がwという話になってくるもので、やっぱし今でも聞くのはメタリカのこの辺とかスレイヤーのこの辺になってしまった時点でかなり保守的な気はしますが、まあスピードと重さは一緒になりにくいという特長のため、今となっては何か軽快でw 自分らの世代の2世代前がヴェンチャーズのテケテケでスリリングと言ってたのと似たようなもんかとwww ポルカ聞いてるんではないんだからwww まあ重さを兼ね備えると今度はやたらとでかいかぐちゃぐちゃになるかややこしくなるかという選択肢に別れるって感じですが、まあ昔はそんなものをガンガン買ってたのですが今ではもうキツくなってさすがに自分の老化というか衰えを感じたりしますな…頭がついていかんというかw この辺がギリギリついていけるスピードかも知れんが、もうこれがキツくなったら自分的にもあかんわな…やっぱし遅いより早い方がいいですw


無理矢理こさえて一丁あがり

まあ昔は業界が中身をデッチ上げたというかブームに乗せて無茶なものをお茶の間に発信してたもんだが、こんなんもありましたね。昔。確か初めて見たのが第一回目の24時間TV。



確かCharがゴダイゴと一緒にやっとったな…しかもゴダイゴ、ガンダーラ英語だったし…

音楽番組はヤングミュージックショーを除けば放映は確かに深夜ばっかしの記憶が…確かウッドストックのテレビ放映も夜中に2回分けだったし、カリフォルニアジャム2も深夜、あとは全日本プロレスとか……www



これも深夜に……高校の頃は深夜ラジオ>深夜テレビへの移行がなされたかな…うちの田舎でやってたのが『ヤングスタジオ1430』w パーソナリティはこの人だ!!!w



しかも盤はオリジナルかよ………

久々に原稿書いてます。

これです。
公式ブログ  http://eiga-jidai.seesaa.net/
ロック画報で大バカ企画「ロック×映画」をやった佐藤氏(10年近く前にロフトプラスワンで一緒に対談やりました……)の依頼で6000字。火曜夜9時の大人の時間が大好きなバカ者必見!!!w さっきまでジャズ聞いてたけど、もうこれでいいよねwww





でファンキーなんが、まあこれか……

http://www.youtube.com/watch?v=VkHYRACIrQM

渋谷の道玄坂を下ってまっすぐいくと山下公園wという不思議の街にぼくと一緒に行ってみませんか???www