スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


昔は洋楽って背伸びして聞いてたもんですが…

sodom

「ソドム/キング・オブ・ハウス」

うちの掲示板に書き込みがあった忘れ去られたバンド群なるHPを見て、

もう何、うん、あ~そういやこんなんあったな…ってのがもう満載でw、カジャグーグーだのGIオレンジだのフロック.オブ・シーガルズなんて大物wwwの方で、パナシーやらハイシファンタジー(読み方あってんのか??)等泡沫バンドまでおっかけてますな………www
そういやボリショイとかマイティレモンドロップスやらジーンラブズジザベルあたりは、音楽誌がやたら勧めたりするものの、買ってから聞いて「何か全然面白くないけど……これはひょっとしたらワシの感覚がおかしいのではないか」と頭を悩ませたあの当時のニューウエーブ末期の感じを思い出しますなwww

しかしブラマンシュとかフラ・リッポ・リッピなんて25年ぶりに聞くぞ、その名前。もう何とも…懐かしいな「マゾンナVSバナナマラ」w 田畑マラは明日ライブ一緒ですが……wwww アニマルZの鬼剃りの人もいますよ(爆)

まあ昔のものはあんまし視聴者にやさしくないというか…聞く方に背伸びを要求したりしたもんですな。何かまあ今有るものから一気に変革を計ろうとしたりすると前とあまりに違い過ぎて見てる方がついていけずいきなり人気が落ちたり…てのはザラだったもんです。
必殺シリーズがやりすぎて「うらごろし」になった挙げ句にいきなしシリーズ終了のピンチに陥ったり(その後一旦原点に戻して微妙に時代に応じたマンネリ化をすすめて「仕事人」にしてからは長らく続いたものの初期からのファンにはめちゃくちゃ評判が悪い…)したのがいい例ですな。

まあ自分がこう何で洋楽とか聞くようになったか、とかその辺考えると言葉なんか理解できんが何か凄いように感じる&背伸びして聞きはじめたってのがまあ当たってるでしょうな。そこんところがあるからガキの時期にあんましフォークとかニューミュージックに転ばなかったかも。とも思ったりする…まあ今みたいにスプーンで口元まで運んでもらわないと口にしないって姿勢は……やっぱしどうかと思ったりもしますな。

しかし年寄りが「昔はこうだった…」と何か懐古に流れるのもやっぱしどうかと思ったりもするんですな。その辺の問題は今非常に難しい&ややこしいから答えは簡単には出ないもんだとは思いますが、ひょっとしてワシらはCDというパッケージの終焉を見ることになりそうな気もします。最初は突然変異みたいなタイトルが出て定番に落ち着いて、狂い咲きの時期を経てゆるやかに終わる、と。まあ昔CDが出た時の音楽ジャンルはニューウエーブがあるようなないような時期&ハウスの流行期だったので、皆が試行錯誤してケッタイな方向に走ったりしてた時期だったりしてもうありえへんような事が満載でwww まあその取り入れ方がちゃんと消化しきれてないような作品が多い時期でしたな……

そこでこれですよwww
まあこれは「ハウスを取り入れた例」wで、よくよく聞くとこれだったらメンバー3人くらいで足りるよな…って感じですな。その後一気にテクノ化したりして…その後はどうなったかわからんがw 確かリアルタイムでかなり叩かれてたような気も………でも今はこんなんゴスとか言われるような所がごく普通にやってたりするから一概に笑って済ますわけにはいかんだろうwww やる方の進化と聞く方の意識とのバランスは難しいものですw


で明日ライブです。いきなり告知ですまんw

2010.1/30(Sat)
「AMAZON SALIVA presents」at京都・夜想
http://www.yaso-net.com/
京都市中京区油小路通御池南西角式阿弥町137-1
三洋御池ビルB01F
075-211-0901

出演:AMAZON SALIVA / NASCA CAR / LADY-MIXED CONCRETE


OPEN 18:30 / START 19:00 
1000円 (+1drink 500円)

この日は現メンバーでやるライブの区切りになると思います。この後は当分ライブ予定ありませんので是非どうぞ。いつもの倍くらいやりますが、根本的に元が短い&3バンドなんで大阪までは余裕で帰れると思います。

スポンサーサイト

共産主義の盲点を突けっ!!!

nakano

「陸軍中野学校」

笑かそうというつもりはないんだが………w

まあうちがアルバムを出すと大概「アホ」とか「お笑い」というレッテルを付けられるので、一体どう対処したら……とまあ10年くらい前は真剣に(まあそれも当時のレベルですが……w)考え悩んだもんだが、もう最近はその辺ふっきれたというか他人事で見れるようになったというか……
 まあ誰が言ったか(先人の言葉だが……忘れたw)遠目でみたら喜劇だが近くで見れば悲劇。ってのがありましたがまあそんなもんでしょう。真剣に作れば大丈夫だろう…と。そういう意味でこれはちゃんと真剣に作ったものが…こっちの思惑を大きく超え過ぎて、「え?!」になった典型ですな。
多分日本版の007のつもりで作った筈がやればやるだけ凄いことになって見てるものは最後には取り残されるというか…名匠増村保造&市川雷蔵の作品でありながら過小評価ぶりがまあ悲しいのだが、軽妙な東宝の100発100中シリーズとか国際警察シリーズとか(これはこれで面白いw)と比べてモンド映画的な扱いってものどうかなあ…と。
普通に娯楽作品として楽しめるだけタチが悪いwww 

まあその後シリーズで上映されたけど、森一生カントクとか田中徳三カントク、井上昭カントク…と後の勝プロ座頭市のカントクばっかしってのがまた輪をかけてより本格的なんですが…まあ、最近こういう映画が本当に少なくなりましたね……原作がマンガばっかしで…あとはテレビの延長というか…

重厚長大で何が悪い!!ww

siroikiba

『白い牙/Vol.1~7」

墓につばをかけろならボリス・ヴィアンで、悲しみにつばをかけろなら本郷直樹w 
藤岡弘主演のTV番組「白い牙」のオープニング主題歌ですな。
当時は普通に仮面ライダー全盛期だったのでどんなもんかと思ってみたら、やたらと重くて暗いドラマで小学生時分ではちょっとビビるw 元後輩の刑事にアマゾンが出てたのと1回目の殺し屋が山本麟一なんで、これは製作東映だろう…と思ってたが実際は大映テレビw 
だから状況説明に若山弦蔵のナレーションがやたら出てくるwww まあストーリーがどうだというのは普通に調べてもらえばわかる話しなのでここではあえて割愛w もうここの演技が何とも重厚長大で個人的にはいい感じw
まあ当時は東宝映画の「野獣死すべし-復讐のメカニック」に出てたりしてたのでまあこうむせかえるようなワイルドさが何ともでしたが、どうしても「野獣死すべし」の役者といえば「優作」という評価になりますが(まあ、角川だからしょうがないが……)こっちも中々無骨でドン臭い味が出てていい感じです。
ちなみに初代は仲代達也……以前ニューアクションものの3枚組のDVD-BOXが出てたが(バラ売りもあります)
あんましレンタル屋でみかけませんな……
まあ「白い牙-有光洋介-人呼んで刑事くずれ」のキャラは日本沈没の小野寺よりこっちの味に近いというか……
もういちいち熱いし、クドい。
だがそれがいい。

友人の某バンドマン(このかいわいでは知らん人のほうが少ないと思うがあえて名前は伏せときますw)はこのキャラに影響されてジープを購入しようとしたが嫁に反対されて却下されたらしい……www。まあそれだけ力の入ったいいキャラかと……この頃は(確か番組自体が傷だらけの天使の前番組だった…何故か岐阜県では土曜の夕方という妙に中途な時間に………)親も「もういいかげんに怪獣は卒業しなさい」とうるさい頃で、まあ卒業したその先がこれってのもまた極端ですな。まあこの時期から「非情のライセンス」とか「プレイガール」「特別機動捜査隊」とかを見る様になって今に到ると……
akero

「あけろ!ケイサツだッ!!探偵&ポリスアクションMUSIC FILE」

そういう意味ではこれなんかイイ曲満載ですw







.


ああ、実録!蒲田行進曲w

akakage

「仮面の忍者 赤影 第三部 根來篇」

というかヤスの階段落ちの元ネタは汐路章の階段落ちというのは結構有名な話しで、この人、かなりのテレビ&映画に出まくりで人生の半分以上の時間をフィルムに焼きつけたという物凄い人ですが、正月に家に帰ったら、小学校(?)に買ったと思しき「仮面の忍者 赤影」のツイスターゲームが出てきましたw まあツイスターゲームと言えば最近はほとんど密着型エロゲームとして高校生とか大学生くらいしかやらんと思うのだがw しかしこのゲーム、キャラクターがいちいち書いてあって「むささびどうけん」とか「あごん」とか「がんだ」とか「くろどうじ」とかひらがな&イラスト入で書いてあるのが何かイイ味出してました……w まあそこで話しが「赤影」に戻るが、一般的な評価は第2部の「卍党編」はかなりSF入りまくりでむちゃくちゃだったが面白かった、けど大概その後は無視…というパターンが多いが、個人的には第3部の「根來十三忍編」も結構好きだったりする。時代劇の東映らしくガンガンチャンバラで斬りまくり!w しかも怪獣(怪忍獣w)が出てきてもう何か、むちゃくちゃにターボがかかった感じがwww しかも怪獣、みんな表記がひらがな!!w そこに出てくる夕里弾正役が汐路章。ほぼ素顔w 問題はその後第4部にて魔風雷丸にて汐路章復活!!w しかも無理なメイクとありえない扮装&まったく違った演技で大きくなるまで同じ人とは気づかなかったwww さすが役者魂!!!w もっと突っ込むと金目教の「夢堂一つ目」のこの人………ああ………… また後年東映のエロ映画とか見るようになったら「牛裂きの刑」で悪代官役で出るし……嫌悪感を一手に引き受けたその演技!!!素晴らしき役者魂!!! 晩年は京都で子供にタダで書道教えたりとかと普通にイイ人だったってのがもう泣かせますな。しかし、赤影第3部、2部&4部に比べて画質悪いような気がするのは……保存状態に問題があったのか???まあどのみち地デジもハイビジョンも関係ないような番組ばかりみてるので個人的には関係ありませんが… そういやテレビ版「蒲田行進曲」って銀ちゃんが沖雅也だったな……確か(記憶がかなりあいまいだが…)自殺報道の何日か後で放送されたんで何とも言えない気分になったのを思い出した……

沖マサと言えば実写版「チッチとサリー」wwwこと「小さな恋のものがたり」。実写版、見たのは確か最終回だったのは……ああ、裏は仮面ライダーか…………なるほどw 最終回の記憶があるのは……その次が突撃ヒューマンだったからか……どうせ「ライダーなら再放送やるわな」と思ってたワシは正しいwww

tiikoi

「小さな恋のものがたり~初恋セレクション」 [Compilation]

選曲もまあ時代ですな………




チェンジ!レオパルドン!!www

spider

「エキセントリック・サウンド・オブ・スパイダーマン』

は70's後期の東京12チャンネルでやってた(東映実写版)「スパイダーマン」w なんでいきなりこんな番組が始まったのかと思うとちょっとビックリだが、当時はマーベルコミックと提携してたらしい……が展開とストーリーが思いきりオリジナルと別物でw 怪人ありの巨大メカあり、悪の女幹部ありの東映的展開www 大体モンスター教授に安藤三男氏、女幹部に賀川雪絵さんというもうどこからどう見ても東映だなあ…と。また主題歌と後テーマが陰々滅々としてやたら暗い…(がかっこいい!w)たぶん巨大戦艦(マーベラーw)が巨大ロボ(レオパルドン)に変型するという今の「おもちゃ買わせよう路線」の先駆けであったのではないかと……中身はかなりドラマに力いれ過ぎたためレオパルドンは基本的に敵を瞬殺するというパターンで終わる(マーベラー!>マーベラー、チェンジレオパルドン!!>レオパルドンソードピッカー!!!)と言う感じだったが個人的には見ごたえありましたな。これは、当時「宇宙戦艦ヤマト」のサントラがバカ当たりしたおかげで渡辺宙明先生にオリジナルのサントラ作成の依頼が来たので打楽器及び民俗楽器総動員の実験的な側面のある(がわかりやすくもあるw)オリジナル作品。早々とムーグのタンスを購入しプロフェッサーギルの笛の音に使ったという親しみやすいプログレ的姿勢と圧倒的な分かりやすさと日本的な部分(妖怪百物語も中川信夫カントクの地獄もサントラは渡辺宙明先生!)の持ち味を崩さず、ノリのいい作品に仕上げたのはさすが!!!まさかのCD化がなされ、まさかのDVD化がなされたのはビビリましたな。しかも生産枚数が限定で高かったので買えなかった………Orz レンタル用には出してないし……どこかで放送されるのをひっそり俟つしか……… しかし主題歌のセリフの「チェンジ!レオパルドン!!」のかけ声のどうにも気合いの入らなさの原因は、実はフランス人に言わしてたというのが原因だったとは……まあ外人連れてこれば英語喋れるだろうというかなりアバウトな感覚で製作してるところも正に東映ならではですな。

hide

「ヒデ夕樹スーパーベスト/人造人間キカイダー~海のトリトン」

主題歌のみとか他の渡辺宙明先生の曲及びいろいろはこれでも聞けます。そういやこの人あんまし名前聞かないな…と思ったら亡くなられてたのね………Orz  まあ何時でも聞けると思うな!ってことでしょうな。しかしこの歌声のバリエーション、凄い!

カリフォルニアの黒いヤツ…www

hiphopr

「Disposable Heroes Of Hiphoprisy /Hypocrisy Is the Greatest Luxury」

まあ昔クアトロでこやつらのライブを見た記憶が。確かラストポエッツと共演だった筈。まあMCの方はオルタナティブ・テンタクルからアルバム出してたビートニグスの人で、グラインダーとメタルパーカッションの人は中国とのハーフだったような…DATをバックにチャーリーハンターグループ(グループといってもベースとドラムの二人だけ)が生演奏を足してるというスタイルだったな…アルバムはコンソリデイテッドのマーク・ピステルがバックトラックを全面的に作ったようでファンキーかつジャジーなエレボデ風味という何か言葉にするのがわかりにくい代物だがw 実際これと生演奏合わせてどうなる???と思ったものの問題なしw
当日のライブではアルバム中の「カリフォルニア・ウーバー・アレス」(デッドケネディーズのカバー)で、わざわざ客席に「日本で一番悪い政治家は誰か?」と訪ねて、「竹下!」と言った客に反応して、いちいち紙に「Takeshita」と書いたのをビリビリに破り捨てて客席に投げてから曲に突入したのがまあ政治的メッセージってやつでしょうか?そんなマイケルフランティもいきなしスピアヘッドでソウル&ファンク指向w メタパーの中国人ハーフのその後は知れず、まあ今政局はこの通りwww 竹下は孫があの有り様w 思えばトシもとったもんかと……

アドレナリンで事足りる日々www

choko

『サークルKサンクス限定カップ麺/味噌ガーナ』

てなわけで噂のチョコレートラーメンに挑戦!!!www
味噌ガーナ

まあ大体はこんな感じ、普通の味噌ラーメンですが………
miso2

ここがクセものだ………www
miso3

1枚まるまるでないのでほっとした……www
熱湯5分注いで……液体スープとレトルト具材を入れて

miso4

チョコを入れて溶かして、はい,完成!!!w

miso5

でお味は……もう普通に味噌ラーメンでは。と思うような味でチョコレートの甘さとか味わいは感じなかったものの……全部食べ終わった後に、初めてチョコレートの味わいが。いや~おいしく頂きました、
miso6


もっとバターっぽいかな??と思ってましたがそんな事もなく聞いた感じほどのゲテ感もストレンジ感もなかったです……まあ調子に乗って、「味噌チョコかつ丼」とか「味噌チョコ田楽」とかやらなきゃ大丈夫でしょうwwww


で今日は1月30日の京都夜想で行われるライブの練習に行ってきました。
関西ではこの後の予定がまるでないので是非

2010.1/30(Sat)「AMAZON SALIVA presents」at京都・夜想

京都 夜想

出演:AMAZON SALIVA / NASCA CAR / LADY-MIXED CONCRETE
OPEN

Open 18:30 / START 19:00 
\1000 (+1drink \500)

40分以上やるのは10年前のファンダンゴワンマンの時以来!
現メンバーでの総決算的ライブなんで是非! この機会を逃すとマジで後がありません………

ちゃんと大阪へは帰れる時間に終わるので(なんせ3バンド!しかも濃厚な取り合わせwww)なにとぞ4649!



も~~もえちゃ~~ん♪も~~もえちゃ~~ん♪w

nina

『ニーナ・ハーゲン/ベスト・オブ・ニーナ・ハーゲン』

まあ時代を感じさせる単語ってのは確実にありまして、ワシらの時代は、◎◎のももえちゃんってのがごく普通で、
まあ、誰かが(確か週プレだったか平パンか忘れたが)パンクロックのももえちゃんw と書いていた記憶が…(GOROだったような気もするが、まあ時代なんで気にせんようにw)何かそのあたりはよくわかりませんが、他にもポルノの百恵ちゃんとかありましたな…日向明子だったか泉じゅんだったか……???w 冒頭の歌は笑福亭鶴光師匠の
「うぐいすだにミュージックホール」のB面が確か「ももえちゃん」だったよな……そういや2000年には「うぐいすだにミュージックホール2000」というトランス入ったバージョンも出ましたが(買うなよw)2010年は出んのかな…
onn

オールナイトニッポン EVERGREEN 2

ちなみにこの辺はワシらの世代を直撃のサウンドですな…ラジオのリスナーというか…「欽ちゃんのド~ンといってみよう」が最初はラジオ番組だった…って知ってるのはもはや相当の強者ですなwww よく投稿したぞ、バカだった昔www


まあニーナ・ハーゲン自体は80'sに入っていきなり増大したキテレツな女性ボーカルの元祖というべきものでわりとオーソドックスなデビー・ハリーに比べるとちょっと…って感じで結構奇抜だったけど結構面白かったな…まあ、◎◎のももえちゃんってフレーズは80'sになるとノーパン喫茶の聖子ちゃんとか松田聖子に以降するというまあアイドルは年につれ…ってやつですかな。ちなみにニーナ・ハーゲンバンドでのシンセの使い方をワシは結構マネしてますが………何か???ww

人は見かけによらぬもの……

BP-1.jpg

「ザ・バースディ・パーティ/Hits」


まあ、昨年暮れにここのGのローランドハワードがお亡くなりになられたので久々に聞きました。最近何故かニューウエーブがらみだとつっこみどころ満載なのかレスが増える不思議具合w

で、まあ若い頃にこんなんだったから、若死にしそうな感じでしたが、
RHo.jpg

実はそれよりも先にジャケに写ってるTracy Pewの方が若死にしてるんだよな……確かこの訃報って昔の
フールズメイトで読んだような記憶があるから結構解散してすぐみたいだったような…しかもリウマチで……
写真みるだけならひ弱で胃腸が弱そうななローランド君に無理に酒を飲ませて、笑いながらシバいてプロレス技かけそうな風貌なのに…若死にとは。
人はみかけによらないというかこの時点でニック・ケイヴが文学中年くずれみたいになると予想しただろうか?w
分からんもんです。まあラブ&ロケッツでダニエル君が何か明るくなったようなのと同じもんなんでしょうか…

さすが80’sは遠慮なくレコード買いあさった時代なんでジャケ見ると風景まで思い出しますな。ちなみに確かMunity!
を千本丸太町の十字屋で、Stoogesのベストとフレッシュ・フォー・ルルのシングルと買った記憶が…そこをもう少し北に上がるとどらっぐすとあがあったりして…… でも良く行ったのは千本日活www 昼から晩までエロ映画3本立てを破格値で!!!ww 近所にノーパン喫茶もあったよな…コーヒー1杯1500円www

う~~~ん、デフレ日本ですなwww


たまに聞くと新鮮だな……

pil

『Public Image Limited/フラワーズ・オブ・ロマンス』

といいながら全然新しくもない……Orz ちなみにこの時ワシは大学在学中w もはや今のトシの半分以下……www
このタイコとギターとシンセとボーカルっていうのはスゴい画期的だった……
しかもドラムがどう聞いても「鬼太鼓座」wwwにしか聞こえなかった当時。

過激な事やってるのだろうと信じてた昔はワシも若かったwww キース・レヴィンは生き残れるだろうと思ってたその頃、まさか最終的にああなるなんて思いもよらんかったニューウエーブ時代はモロに在学中直撃だったからなあ…一番レコード買ってた時期ってのがこの頃で、ハードロックは中古屋に売り飛ばしてた……けど何年か後に買い直しw まあそうやっていろいろ増えてた頃、今も昔も全然変わってませんねwww 変わったのは新譜の買う枚数が激減した事かも…あと音楽雑誌はほんとに買わなくなったな……というか今では音楽雑誌が絶滅危惧種のような気も……各種媒体どこへ行く……ワシもどこへいくのやら……wwww



Interview: Rough Trade

PSL | MySpace動画


しかしこの女性が今ではラフトレですか……

もう何も考えたくない……w

wr

「ウエザーリポート/ I Think Body Electric」

という訳ではないがw いきなり正月からウエザーリポートの初期作品。しかもジャコパス入る前の知らん人の方が多い時期のやつ……この時分はどっちか言えばエレクトリックマイルスの発展形みたいなことやっとった時期で、リズムセクションが強力。パーカッションのDom Um Romaoがいい味出してます。考えてみればこの頃の初期RTFもああいうハードロックとジャズのハイブリッドじゃなくブラジル風味あるエレクリックマイルス別バージョンなんでまあ、みんなああいうのをどうしようかと考えてたんでしょうな……サンタナまで接近してたし…今の気分がちょっとファンキー&リズミックな方だからしょうがないですな…まあそんなんも3日で気分が変わるからその辺はどうも言いがたいww


JUNとROPEとソウルトレインw

soul

『V.A./GO! GO!ソウルトレインVOL.1」

せめて正月くらいはバカでいいかと……w


まあディスコ文化の幕開けというか…通な人の踊るソウルは普通にちゃんとしたソウルだが、情報から入ってファッションから入るともう、フレンチディスコになるという…w ソウル・ドラキュラw ソウル・フランケンシュタインww 快傑ソウルキャットwww…果てはスカイ・ハイwww ソウルの意味はどこに……???w まあ万物総ディスコの法則というか、踊るアホウに見るアホウというか…この渾沌ぶりが正に当時のディスコの感じというか…まあ普通にソウルならこんなんだが、

それが日本ではこうなるというか……まあそれに日本のヤンキー文化を足せばこうなるというディスコ見本市映画。

yakata

「皮ジャン反抗族/館ひろし」

途中までは(というか予告編は)さらば青春の光っぽいが…結局は最終的に東映セントラルのノリになるというか…
ディスコもロックもぐっちゃぐちゃw まあJUNとRope(何と読むかは一種の踏み絵なのでカタカナで表記しません、あしからず)コンビの靴、アイパーかけてソリ入れる…もう死滅した日本の文化ですね…


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。