そういや最近80'sのあの独特のノリをよく聴く…

Yazoo/Collection

デペッシュモードから抜けたヴィンス・クラークとアリソン・モイエがやってたデュオのベスト盤。




よく聞いたの大学の頃だからほとんど年齢半分以下の頃。当時は打ち込みがようやく表に出てきた時代だからかしらんが二人組み結構いましたね…ソフトセルとかアソシエイツとか。もうヴィンス・クラークがシンセだけで作ったリズムとかがもうたまらんというかそんな時代。12インチとかよく買った。結構売り飛ばしたがww

そういやこんなんもあったが、やっぱしスイサイドの影響下なのか???



木魚みたいなビートはもう単純なんだけど血が逆流するというかアドレナリンが上昇するのは何故?
だから多分その後ハウス〜テクノに流れるんだろうな。でもしかし当時はみんなハウスを忌み嫌ってたのがなんとも…時代は変わった?のか???

たまにこんなんやりたい衝動に駆られる事も多々ありますwww

スポンサーサイト

やっぱりこれを今年は一番聞いてる…

「ザ・ポリティックス・オブ・エンヴィー /マーク・スチュワート 」




まあ昔ウチのバンド始めたきっかけがアダムスキと一緒のときのトランステクノ全開のマーク・スチュワート。ってのは昔から公言してきたのだが、あの衝撃のライブの次に来た時はもういつものタックヘッド組&ON-Uというまあ相変わらずのパターンになっててControl Dataが出るまでは、「まあ、しゃあないなw」と常に新譜だけは買ってた状態だったが、ここに来て何かもうこの全開スタイルはまた自分にもやる気が出てきたというか…w
まあそこからの延長でダブステップもの聴きだしたというか…(元からダンスノイズテラー時からベースの重い音中心のダンスビートモノは好きだった…)ある種の先祖がえり…?というよりまあ適度に前進www

何か日本盤がロープライスなのが悲しいがwボーナストラックは2枚組みの輸入盤より充実してるのがスゴイ!

しかし、何故こっちは再発されんのかな?と思うが、ネタに問題でも??しかたないので古いやつを自分リマスターwで聞いてる今日この頃ww





と思ったらこんなん出るんやな…




多分買うな…オレw

やっぱし最後はジャーマン・ロックでしょw

いや〜もう最近、昔良く聞いてた英国ブルース・ロックがもうまるでダメでw1曲聞いてたらもう飽きてきて次…ってパターン…人間も50超えるとホントに好きなもんに凝り固まってくるのかどうなのかそのへんまるでわかりませんが…やっぱし最後はジャーマン・エレクトロニクス導入系になってきました

というわけではないですが

「Moebius/DING」




こないだの共演の際に、自分の電子音楽作品手渡ししたら、ご本人から「これ持ってけ」と頂きました。
その時の表情が照れ屋で職人でガンコ者の感じだったのが今でも思い出深いです。

昨年の新譜で、もう毎年何かリリースしてる…ってことで、機材も最新のものを使用してても…あの通りw
最後の曲何かMonotron使ってるしw まあ似たような作風になってしまう自分としてはもう勇気付けられるというか…

どうもクラスターはもうやらんらしいと言う話ですが、もう70年代から一貫してアレはスゴイです。
多分自分はこういったドイツの音楽が好きなんでしょうな…



個人的にはクラスターは「71」と「2」と「zuckerzeit」が好みです。
「Zero set」にもサイン頂けてこれで(とりあえず)コンプリートと言うことで、長くやってるといいこともあるわな…と思いました。


ジ・エレクトロマスター 久石譲

まあ、たまに復刻モノも手を出したりするんですが、大昔、買ったことがあって、もう懐かしいから
ついつい買い直したのがこれ

「SYOKO/SOIL 未来の記憶」





G-シュミットって昔良く聞いたけど、これはバックのサウンドが「あの」久石譲。
まあ久石譲といえばジブリの映画とかナウシカの曲ばっかし思い出されるけど、この人
この時代は結構エレクトロ寄りの仕事いろいろやってて、これもその一環っぽい…
派手なリズムとマシーンのベース音w まさかこの時代のたこ八郎の「たこで〜す」とか
「ソイヤソイヤ金魂巻」やってるとは知らんかった…



また昼メロで歌っとったとか…



いや〜何分にも奥が深いね〜。個人的に今この辺のサウンドが妙にアツいので何かまた無駄に影響受けそうな気がするwww まあ人間いくつになっても何でもありwとwww





久々の復帰でございます…

いや〜もう1ヶ月以上の放置で…wwwまあ、昨日セッションがてらライブやってきたんですが、
まあそこで久々な人やら普段出入りしないようなところにまあ行ってきたわけですがw
(元々ダンス系だったつもりがドンドン横道それて今に至るw)の状態でwww
まあ、そこで「今話題の」DJ威力さんにお会いして、何かこれ読んでられたようで、『今やってないんですか?w」とまあ言われて、読んでる人いりゃ再開すっか。ネタも増えたし…で再開w

で久々のはこれだ!

「Jah Wooble&Keith Levene/yin&yang」

まあ、アマゾン見てたら前のシングルが出てたんですよwしかもCDRでwww
それみりゃ「おいおいRかよ…w」ってなもんですが後でまとめてアルバム出るのわかったので
ついつい購入。

やっぱり予想どおりベースの音、これでもかとブーストしまくりでデカイww到底携帯用プレーヤーで
聴くとブーミー気味でしんどい感じだが、

だがそこがいいw

キースのプレイはまあ昔の痙攣スタイルではさすがにないものの的確な感じの演奏ではないかと…
突然の来日中止&フジロック来たのダブルパンチで日本人の心に大いなる影を残した二人が若かった頃は
ワシも若かったのだなあ…wとつくづく思うwww そしてレゲエに影響された音楽がかなり自分に影を
落としてるのも再確認出来た。