スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


そして2012年総まとめ!

そんな感じで2012年ももう終了が見えてきてますが、皆様いかがお過ごしですか?w

などと紋切型なこと言ってる場合ではないですがw 今年は飛躍一歩手前の年という感じでした。

1.メンバー、ナスカ・カー(大阪)で固まったのでレコーディングようやく始動

2002年からはメンバーは大阪ではもう誰もいない状態だったのと、新しいメンバーが少年ナイフ加入というと晴天の霹靂でどうなることかと思われてましたが、メンバーが全員集まるまでは苦労しますが、集まればもうバッチリって感じですね。2012年1月、2月、5月、6月、10月とまあ何とか全員揃って3ヶ月に一回のペースで出来てよかったかと。資金も調達していよいよレコーディングに入ります。協同プロデューサーに一番頼りになる男、須藤くんにお願いして、今水面下で進行中…

2.kishidashin東京へ

ナスカ・カーも4年くらい東京行ってなかったので久々に行ったんですが、何とか盛況でよかったかと。来年はCD作ってバンドで行きます

3.人生初ノイズが非常階段wFreeDommuneゲスト参加

まあ人生初ノイズが非常階段というまあ恵まれたというか、派手な場所に強いというか、結構個人的には反省点もありますが、その時はその時やれることはやり切ったのでまあいいでしょうw



4.メビウス先生と共演

まあ、こういう電子音楽やってると師匠はクラフトワークとクラスターとYMOって感じになるんですが、まさかの共演。しかもEP-4 Unit3と…昔三条の三信の北側入ったとこのクラブモダーンに気づいて行った時は店自体が終わっていたwというナントモな因縁がwww 良いライブが見れて、良いライブが出来て良かったと。

来年は早々にこれ買う予定w




5.久々にルーツ回帰

盛り場生まれ&盛り場育ちであります、隣がパチンコ屋なんで派手な有線放送やら深夜放送が基礎だったりしてるのと、盟友(というか五分の兄弟分w)永田君の和ラダイスガラージ感覚と共振wこれは前のサントラブームで邦画サントラしか買ってなかった頃とマジそっくりwでネタとして買ってた7inchがもう名盤状態。MIXCDR作るのにハマってしまいました。もう10作品。来年は20周年なんでトータル20タイトル。できるかな…?

6.死にかけた…

ご心配おかけしました。来年精密検査三本です。

ってな感じです。来年はより飛躍の年でありますよう、皆様にとってもイイ年でありますようにお祈り致します





スポンサーサイト

そして2012年私的ベスト上げっぱなし…w

そういうわけで、今年も2012年、結構買ってるwwまあこれに追加して中古盤やらアナログやら再発やら…

まあ、一応ルールは今年出たやつという縛りにしてますが、まあ最近は買っても、「これはもう聞かんよなあ…」は早々と売り飛ばす(中古は出た時期で買取価格が高いので…w)ので、うちで生き残ったやつ。ってことですな。まあつらつらと上げれば、

発掘音源としては
「African Electronic Music/Francis Bebey」
「そこに宇宙の果てを見た (I Saw the Outer Limits) [CD version]/大野松雄, Matsuo Ohno」
「パーソナル・スペース:エレクトロニック・ソウル 1974~1984[英文解説対訳付き]/オムニバス」
「Harmonitalk/Gary Sloan & Clone」

という感じでやっぱし電子音楽寄りになってます。フランシス・べベイの70’S電子音楽集と大野松雄先生のは位相直してないオリジナルの仕上がり。V.A.のファンクもんはマシーンとシンセ多用のけったいな上がり。ゲイリー・スローンはアラスカのサイケバンドのハープ奏者のシンセ導入作。

あと去年と違いワールドもの絡みで
「Orillania/Carlos Aguirre」
「Sumud/Niyaz」
やっぱしカルロス・アギーレのアルバムは完成度超高い&曲良し&演奏よしの最強盤。Niyazは中近東モノだけどエレクトロニクスとか導入しててナウい作り。南米モノの素晴らしいのは「全肯定」という感じで聞いててもうどうでもよくなるのがスゴイのと、中近東は生きる気合いが入ってくると。

あと中近東モノに関しては
「サラーム海上/21世紀中東音楽ジャーナル」の本がスゴイ役に立ったというか、これで色々買いあさりMercan dedeとか当たり盤を引いてたので2〜3月は中東音楽と南米音楽ばっかし買ってた…(^^:

また南米モノというわけではないが
「Emeralda /EXPE (2012)」も全肯定感に溢れてて、入手後、朝はずっと聞いてる。AmazonでMP3アルバムが500円の投げたような値段で売ってるが、ここは各プレイヤーの細かいとこまでよく聞こえるCDでの購入がおすすめw

そして今年はバンドよりアイドルという時勢だったようだが、すっかり乗り遅れwww聞いて気に入ったのが
「タルトタタン/テトラッド」ほぼ絶好調時の相対性理論をアイドルでやった趣。

で、今年はロックバンド系はどうかというと、どうもあんまし惹かれるもんはなかったかと…どっちか云えば大御所がスゴイというか新人ではまったく買ってないのは多分ピンと来なかったせいかと…基本的に、気になったら借金してでも入手する性格なのでまあめぐり合わせがなかったかと…

「Live at Carnegie Hall/Caetano Veloso & David Byrne」
は2004年のライブだけど中身がいいのと発売は今年だったのでwということで…St.Vincentとやったのもクオリティ高かったけど、どうもケイト・ブッシュっぽいボーカルが苦手なんで早々と売り飛ばしました(´・ω・`)でも好きな人にはいいと思う。

「ザ・ポリティックス・オブ・エンヴィー/マーク・スチュワート」
「Cherry Thing/Neneh Cherry & The Thing」
なんてもうベテランだし…w

「Noctourniquet/Mars Volta」くらいが純然たるロック系かなあ…あと結構ダンスビートが入ってるし…マーク・スチュワートのはダブステップだのダンス系全開!久々に全曲良かった

あと
「Choice of Weapon(2CD)/The Cult」はもうお約束…(パープル、ジャーニー、カルト、イアン・ギラン関連は無条件で買うことにしてるので…Orz)

あ、「Yin & Yang/Jah Wobble & Keith Levene」忘れてた…ipodで聞かれるのを拒否したようなヘビーなベースといつものギターはやっぱしもうたまらんものがあるw

で大半がダンス系ww

「Ufabulum /Squarepusher」

「Mala in Cuba /MALA,」

「Dependent and Happy/Ricardo Villalobos」

「Six Cups of Rebel/Lindstrom」

「Until the Quiet Comes / フライング・ロータス」

「The Orb featuring Lee Scratch Perry present “The Orbserver In The Star House」

「Fetch/ Moritz Von Oswald Trio (2012)」

「Bangs & Works Vol.2: the best of chicago footwork/V.A.」

意外とナウいやん。オレw

あと「Vows/Kimbra」
「Ryat/Totem」
「Grimes/Visions」

あたりはSt.Vincentのように誰かにサウンドプロダクションやってもらんでもなく、ほぼ全部自分で作ってるってのが新しい流れというか…大体女性ボーカルの作品ってアレンジャーとかプログラムは他の人…ってのがまったくなくなった意味では時代は新しくなってるのかも…もう自分の好きなことやるなら男になんか頼らんと全部自分でやるのが当たり前になりつつあるのか…男としては複雑であるwでしかもどれも皆若いwww

そしてもうこの辺はipodに入れっぱなしで…
「uminecosounds/uminecosounds」
「DE DE MOUSE/Sky was Dark」
「一十三十一/DIVE」
「teneleven/ teneleven」
「21世紀の精神正常者たち/モルゴーア・クァルテット」
「made in studio /非常階段 (2012)」
「伏見直樹/十字架」
「ランドセルカバーのゆくえ/白波多カミン」

大概再生回数30以上www
ウミネコサウンズはナスカ・カー東京の須藤くんがベース弾いてdipのヤマジさんがギター弾いてるポップな感じ中心で大いに和んだしデデ君はもうクオリティ高いまま突き進んでいるし、もうなんか語るのが面倒なんで「聞いとけ」とw

ラストは超大御所
「Bish Bosch/Scott Walker」は凄すぎでなんも言えん…w

「Moebius + Tietchens [CD]Moebius & Tietchens」そして我がアイドルディーター・メビウスの新譜。共演出来て今年はラッキー!

来年はナスカ・カー新作いよいよ録音開始(スタジオ押さえた)ので頑張ります。

まあこの中に載ってないのは、未だ金がなくて買えてないRovoの新譜とかあるんでいい悪いでなく、もうここまで来るとめぐり合わせですな。来年には買うけど…w

あと「Uterozzzaaa/Propaganda Buster!!!」選挙前&後よく聞いた。これがハマる日本の政治ってどうかと思うが、来年は良い年でありますように…今年の出来事うんぬんは明日にでもww




続きを読む>>

老いてなお盛ん…ですか?

Scott Walker/ Bish Bosch




みんながスゴイ…っていうから買ってみたw 


やっぱしすごかった。去年のデビッド・リンチのアルバムのような思いがけない衝撃!

ウォーカーブラザーズとかジャック・ブレルの曲歌ってるやつくらいしか知らんかったが…
当年68才か…

オレもっと頑張りますw



しかし最近はアルバムに予告編とかあるんやな…




しまった!

これやりに高知行きます

12月23日(日)Acid Mothers Temple & The Melting Paraiso U.F.O. 人類滅亡直前 ラスト西日本ツアー2012!!

ツアー・ファイナル・スペシャル・ショー!! @ 高知 Chaotic Noise http://kclub.exblog.jp/ 出演 : ACID MOTHERS TEMPLE & THE COSMIC INFERNO "Cosmic Disco Night", サイケ奉行, ヒューマンシャワー, 河端一 solo

高知カオティックノイズ

しかしヒューマンシャワー、映像がスゲエキツくなったwww政情にイロイロあると
その気なくてもワシの作るものは悪意たっぷりになってしまうのは根性悪いからか??ww


ダビングと保存にDVDRとCDR買わんとあかんがなwww












やっぱりドイツのロックですかね…

最近はエレクトロニクスを駆使したドイツのロック及びニューウエーブがほとんどなんだが(聞いてる洋楽…)やっぱり忘れられないのはDer PlanとパレシャンブルグとDAFとリエゾンダンジュルースとまあわかりやすいところに落ち着きますがwww




「ピロレーター/アウスランド」

デアプランのようなチープかつ楽しい電子音。ジャーマンニューウエーブって何故か親近感あるのはみんな基本的にMOOGとかでなくMS使ってるんだよなwそりゃ親近感当たり前だw
MSライブで使って早30年www未だに動いてくれるのが有難いが鍵盤が割れたww
キーボードとしてはMS-20(家のやつ)使うからいいんだけど持ち出すのはもうMS-10
これですらもう重いwwwでもこれでないと出来ないことがあるんでね…

これは困った…

まさかと思ったがズルズルハマってしまった…Orz

基本的に聞いたこと無いもの買う時は「ほぼカン」(見た目とか、盤が呼んでるとかwww)もしくは「信頼出来るライターの人が絶賛してたw」(お気に入りに入れてあとからこっそり買うw)とかの大体2パターンなんだが、これは後者の例。

しかしやらんとあかんことも聞かないといけない音源もあるのに…www
俗にいうクリックハウスの類は苦手だったはずなんだがなあ…まあそれだけで止まらないやめられない中毒性ある感じがスゴイ…いやもうためになります。一回聴き終わってもまた聞いてしまう感じに次のナスカ・カーのアルバムはしたいですな


Ricardo Villalobos / Dependent and Happy





でも、ここんとこよく聴くの日本のもんが大半だよ…

「緑魔子/アーリーシングルズコレクション」




まあ昔から歌謡曲聞いてたのと基本が盛り場生まれの盛り場育ちwエレキギターとかがカッコイイのは多分後年の洋楽からの部分と思うが、サックスの音とかストリングスが好きだったのは絶対その影響www
小学校時分から映画のサントラとか主題歌買ってた(古くはテレビのソノシートとかw)影響は今でも!!

なもんでここんとこMIXCDR シリーズがとうとう9作まで出来るという快調ぶりww
いや〜やっぱりこの辺はいいですね。60’s末期から70's初期にかけての映画では存在感抜群で。

またこないだの臨死体験wでもほとんど丹波哲郎ネタで5年は出来る!と思った不届き者がワシだが
丹波の『あの世』系の曲ならやっぱしこれですね。高いけどwww
(当時短冊で購入…再発は…無理かw)



まあ加齢とともにヘンなところ掘り出したwってことですかね。一種のルーツ回帰だな…



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。