あっしには関わりのないことで…

monjiro
木枯し紋次郎 DVD-BOX I
ようやく見れたよ、木枯し紋次郎。何とか28話まで。個人的に好きな話しは原田芳雄が出てくるやつですが、まあこの頃のドラマ&時代劇によくある話しというか、救いようのない暗い話しのオンパレード。不幸せてんこ盛りw でもこの結論の出し方とかはリアルだな…と思わせる虚構があるというか。この十何年後に超現実的なトレンディドラマが流行って、こんな家ないだろうwwwみたいな空虚な虚構がオンパレードだったけど、やっぱしこういう70年代のドラマって見てて何かいいですね。まあこっちは必殺仕掛人とは違って血がドバドバはないけど(まあそのおかげで斬られた時の違和感はあったけど、細かい事は気にしないw)やっぱしリアル感がいいよなあ…この時代は日本列島改造論と浅間山荘の時代って訳ではないですが……やっぱし男は歳を経るに従って浪曲子守唄~特捜最前線にいくものなのか…と思った次第。最後にチリアーノの歌でも聞かんとやりきれんですな。


スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://nascacar.blog121.fc2.com/tb.php/165-5fd02560
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)