スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


アンバランス!

uruQ
ウルトラマン生誕40周年記念 ウルトラサウンド殿堂シリーズ(1) ウルトラQ

といってもレーベルではなくw 恐怖劇場でもなく、「アンバランスゾーンなのです。」の石坂浩二のナレーションが印象的なウルトラQですが、最近の「~ダークファンタジー」の方に出て来たガラモン(こっちはガラゴンだが…)は変に造型が丸くなって『ムショ帰りの坊主頭』っぽいw 等としょうもないことをいっててもしょうがないのだが、やっぱし印象的なのはその音楽で、作者は「宮内國郎」先生なのだが、このミュージックソウとかエレクトリックアコーディオンとかあのテーマ曲のギターとかこんだけ印象的な曲が多いのにあんましサントラがないというか……かの傑作「ガス人間第一号」(持ってるけどさすがに売る気なし)くらいだもんなあ…狭い音階でのオスティナートで執拗な感じを表現したという一回聞いたらインパクト大な音楽。大半はこっちに流用されてるので手に入らなければこっちで聞いてもいいかも。あと劇伴としては「ウルトラファイト」もやっておられてあのテーマ曲を聞くとちんどんや的なというか軽く小バカにされた感じとかもほほえましくていいですね。絵にあったというか、こうあの時代の子供たちの琴線に触れるというか…「鳥を見た」のラスト音楽とか聞くと泣けてくるのはあの時代の子供たちの共通な郷愁なのかもしれません…(とラストまで石坂浩二調もどうかと思うwww)
garagon


ウルトラQ~dark fantasy~case1(初回限定盤) [DVD]





スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://nascacar.blog121.fc2.com/tb.php/199-a58fcc8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。