スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


そう考えればもうそれが基本って決めたらいいのかも…

Df
Die Kleinen und die Bösen
まあ平均律12音なんて出来てからそんなに年数経ってるわけでもないし、一つのフレーズだけでやったらもう8割大丈夫wってのはニューウエーブ時(もしくはプレ・ニューウエーブ時)によく出てきたパターンというかジャーマンロックの必殺技でw これなんか衝撃的でしたな…来日予定が何故かボツって凄く残念だった記憶がありますが、最小限のセットでノリが強力なんはやっぱこれでしょう。なんせメンバー2人だし…ドラムは単に暴力装置というか、シーケンスとドラムとボーカルという編成が叩き出す音は、むき出しの筋肉質というか普通にインパクト強というか…これって「ナスカ・カーって最悪ドラムがいたらあとは何とかなるw」って日頃自分が言ってる事と同じというか、うちは根本的にそこからパクったんですが何か???w 自分の考えるニューウエーブってレゲエもどき(要するにベースが重い)かこんな反復シンセもんですな。バウハウスとかマガジンとかウルトラヴォックスって結構旧式のバンドスタイルではあるし…ニューでなくてもニューな時代は今みたいに情報がすんなり入ってこない時代だから有効だったのかも…情報の多いのも考えものですな。
スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://nascacar.blog121.fc2.com/tb.php/229-2d6febd2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。