スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ソウルとはディスコのことです…w

Curtis
Curtis

マジメな人に怒られそうだ………w 昔は『ソウル』と名が付けば『ディスコ』wという言われようで、「ソウルと言えばソウル・ドラキュラw」等とギャグを飛ばしたものであったが、自分ももうちょっと大人になってブラコンだのAORとか聞くようになったらソウルにもいろいろあることが判明したwというか、理解したというか…この作品はどっちかと言えばニュー・ソウルってやつに分類されるらしく、この辺はスティービーワンダーとかマーヴィン・ゲイとかとまとめて聞いたものでした(しかも84年以降に…まあたぶん、こっちがハウスとかにハマった時期だからと思うが…よく考えたらニューウエーブって結構R&Bとかの焼き直し多かったから…)これはカーティスのソロ第一段。ワウの効いたカッティングのGとパーカッション、オルガンとホーンセクションと内省的な内容の唄(これはカーティスの特長ですが)。R&Bとは演歌の事(by ボルテイジ)と思ってた昔が懐かしいような…もはやソウルもファンクもR&Bもこの頃から区別つきにくくなってたんでしょうが、それに加えて後年にはディスコの参入でもはや無茶苦茶寸前。正に合成獣みたいになっちゃいましたが、今も生き残ってるのはエラいというか…多分『ソウル』イコール『ディスコ』はソウルトレインの悪影響ですな。
スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://nascacar.blog121.fc2.com/tb.php/23-5e879c33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。