現代人劣化説



John Whitney-Permutations (1966)

まあ、基本は単純明解な方が破壊力が強いというか…
ほぼ30年以上前のCGアニメなんだが、どうみても使用メモリが12kというか動かし過ぎるとすぐ止まるような感じなんですがw またこの限られた動きとか不自由ぶりがまた良くって…www まあ人間何でもできるとかフルCGで「よりリアルだろ」ってやられるよりも着ぐるみの怪獣の方がよりイマジネーションが湧くというか…(まあよく考えれば四つ足の怪獣の後ろ足が常にひざ曲げなのはおかしいんだが、誰もネロンガ見ておかしいとは思わんだろw)まあそこは『想像力で補え!』とw たぶんにモノ事を見たり聞いたりしてあんまし面白く感じなかったら…想像力が枯渇したか??と疑うべきかもしれない……とキメたら何かいい感じなんですが実際問題あまりに中身がしょうもないのも多かったりするのでそのへんの断定は微妙ですなwww
スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://nascacar.blog121.fc2.com/tb.php/261-4a779003
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)