たまに見るとアジア特撮もいいもんだw

inhura

『中国超人インフラマン』

ネットで111mの「テコンV」を建造中という話が出ててついつい思い出しましたが、
テコンV
昔は映像のカットアップを専門でやってたので見た目インパクトが強いバカ映像をあれこれと入手してたもんですが、そうなると行き着く先は「●新宿のビ●オマー●ッ●」になるわけですが、年に3~4回東京にツアー行く時はその都度その都度バカなものを購入しにいったものでしたw 最初は邦画の外国語版(しかし音声は日本語オリジナル)のLDだったのが横滑りしてとうとうアジアのバカ特撮に……タイのハヌマーン(仮面ライダーの世界とウルトラ世界が唯一繋がるw)



とか仏像系ヒーローの出てくる「ジャンボーグA対ジャイアント」とかはまだメジャーな方で、
「ハンダル仮面」とか「ファイティングマン」に到るともうどうしたものかと……www
 その中でもさすがショウ・ブラザーズ製作のものはドラゴン関連輸出してるからまだ破綻が少ないので作品として微妙に楽しめるが、これは一体どうしたら……ていうのがこの「中国超人インフラマン」で SEはみな異様にチープなシンセをチープなままとか怪人がいろいろ出てくるが異様に弱いとか殺し方が半端なく残虐なのはどうしたものとかと……www 最後の決戦のシーンは何かおざなりだがある意味インパクトは異様に強いです。しかしワイヤーアクション多用ってのはさすが中国というか……そういう意味ではあんまし日本の特撮技術は海外に流出してないというか……ただ今となってはこんなアホなもんばっかし買ってた自分を思いっきり叱ってやりたい気分であるwww


スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://nascacar.blog121.fc2.com/tb.php/299-00cf7abc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)