怪獣音楽のキモはやっぱし重低音でしょうww

chu

『伊福部昭の芸術4/SF交響ファンタジー』

昔逸話でゴジラのサントラ演奏中、コントラファゴット(コントラバスのそのまた低音楽器)の奏者があまりの低音ぶりに録音中ぶっ倒れたという話がありましたが、1作目ゴジラのあの重たい感じの足音は印象的でしたね…その後劇場ではすっかりなくなりましたが… (印象が…???)これは伊福部昭先生の特撮サントラ仕事を交響曲にまとめた作品で、御本人は「いや、これサントラだからシャシンがついてこないと…」って仰られたようですが、さすがの先生もマニアには勝てませんねwww こいつら(自分も)はフレーズだけで平気で映像が頭に浮かんでくるような人種なので……www 重低音、衝撃的なアタック、バーバリックな打楽器群、高いところから低いところまで音域が異様に広く正に超巨大な交響曲!生で見たことがありますがやっぱし凄かった!普通にオーケストラでは「タプカーラ交響曲」が好きだったりしますが、より怪獣映画ならこっちか…と。
スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://nascacar.blog121.fc2.com/tb.php/309-e5383e21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)