やっぱしオレに地デジはいらない…w

kaseki
化石の荒野 [DVD]
で、休みの時は最近は録りだめしたDVDを見る用にしてるんですが、未だに『破れ傘刀舟』が終わらず、相変わらず『座頭市』(第一シーズンがまだ……orz)。しかも5年以上前に買った『木枯し紋次郎』が見終わってない……って何度も言うようにテレビ自体30年以上昔の番組ばっかし見てるから一体今が何時なのかわからなくなりそうなんですが、最近はたまにテレビみても『占い』か『天気予報』か『CM』しか見てない体たらくで、久々にコマーシャルで渡瀬を見ると、ますます上品な感じになっててビックリ! 所有ソフトの中では凶悪な役ばっかししかやってないので、正に『あの時の恐怖を返せ!w』と言いたいくらいだが、トシとりゃ人間も丸くなるだろうし、大体相手は役者やんwww ダマしてなんぼですがな… 実生活で『実録私設銀座警察』だったらマジいやだろう…というか大体生きてないぞwww そんな渡瀬が主役の角川映画がこれ。しかもワシが持ってる80年代以降の映画の数少ない一本。ムダに身体を張って体当たりのアクション!ゴージャスな筈が何故か結構地味になっちゃったアクションw 大体『夜の海』とか『北海道の雪原』とかシチュエーションに問題あり過ぎw 今思えば角川映画の迷走はここから…ですかね。予告編の煽り文句がまったく本編に関係がないってのも考えものですな…昔の日活で破滅的な若者映画ばっかし撮ってた長谷部安春カントクの80年代作品。
スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://nascacar.blog121.fc2.com/tb.php/46-2eccea2e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)