さらば愛しの根津甚八…

まあ、何度も言ってるんだが、普通の歌モノには個人的に興味がない(基礎的好みは役者の歌う歌謡曲なので…)

歌モノブームってあったけど、便乗するやつあり&今では通用せんものありのまあ生き残ってるのはその辺全然自覚せず勝手にやってるひとばかり…なんで、「ウタがどうした」と言われると「お前ごとき若造がオレに意見垂れるのは20年早いわ!」と返してしまうのだが、やっぱり歌謡曲はいいぞ。



これなんかレゲエ歌謡の名盤。中身もなかなか本格的。よくよく調べてみると、この人、最初から結構トバした作品出してて、
ベルリン録音の「1984Berlin」なんかニューウエーブで演歌入ってる、(未CD化)
録音はマイケルツィマリング プロデュースは佐久間正英。そして全曲三上寛さんの作詞作曲…何故これがCD化されないのかわからんが、役者のアルバムでは最も先鋭的というか…

映画も


の安藤昇さんの


とか関連していろいろ探すと実に楽しい&泣ける。



とか青春群像劇になっちゃったこれとか。



こっちの方追いかけてた方が性分に合ってますw 逝去されてもう姿を見ることはかなわないが、作品でまた出会えるのはちょっとした救いのような…なので作品はキッチリ残した方がいいよ。うちのですら、イタリアとかベルギーとかドイツとかから通販が来たりするんだし、誰にも先の事はわかんないんだからね…
スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://nascacar.blog121.fc2.com/tb.php/597-7fdf7673
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)