ということでなるだけ

Amazonとかに売ってるモノ(入手可能なもの)に限って紹介してきたものの限界がありますw

CDたって売れへんから出さへんしw、売れても追加せんから入手出来んし、中々思うとおりにいかないものだが、まだ(最近出たものであれば)探せば手に入る(要はさして売れてるわけでない…)からこの辺のスタンスが難しい。なので、たまに手に入らないモノ上げることも有ると思うのでそのつもりで。

アナログブームとは言っても、そんな昔みたいに町に何件もレコード屋があったりする時分とは大きく違うし、Youtubeで何でも手に入るわけでもない(結構ないやつ多い。というかオレも紹介であげたやつ、最近著作権の申し立てが来たので消した…けど訴えてきた側が上げている訳もないという…)、ライブと言っても人の入らないライブは多々あるし(見る気にもならんのもスゴイ多いし)変わり映えしないと言えばそれまで。だけどまあ人間全てを知ってるわけではないので抜け落ちたモノだってアレコレあります。
(前フリが長がったw)

特にワシら世代はハードロックがエアロとキッスで新次元&プログレ絶滅&フュージョンAORブームってあったから、ヒット曲がごっそり抜けてるし…



これなんか当時は大ブームだった(けどハードロックを追求する身からしたら無視するべきものだったりしたw 逆にハンブル・パイはこっちのデイブクレムソン推しという…)


昔はこれが2枚組で高かったからそんなに買えなかった…というのもありますw

まあ、今に至って当時抜けてたもの聞くのはありかと…そういう意味で安値でいろいろ聴ける今の状況って有難いと思う。
俺自身90年代頭はテクノ&ハウスのほうだったのでグランジとかオルタナ系ロックなどは一切聴いてなかったし、ブリットポップは完全無視wマイブラ全作きっちり聴いたのもこの最近(といっても5年以内)なので、発見も多かったりする。

まあ未だに数聞く姿勢は健在というか。その方が一つのジャンルに飽きても聞く対象コロコロ変えれるから便利といえば便利w

そしてこうやって俯瞰してると、大して新しいモノなんて出てない(あるとすればテクノロジーを使って解釈し直したという感じかすでにあったけど気が付かなかったモノが発掘されてアップデートされたとかいう)事もキッチリわかるから、まあ、まずは数聞こうよ。と言っておこう。
スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://nascacar.blog121.fc2.com/tb.php/598-8768ddfb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)