スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


全てはどこからが起源かは謎ですが、何か…??w Part6

tomita
月の光
で、当時のレコパルなんかで「シンセサイザーとは?」とかいう話があったので、当時あんまし物を知らない自分としてはガンガン変な音を飛ばしまくる電波系マシンのように捉えてて、なんか凄いモノのような気になってましたが、これ聞いて「基本的にはオルガン??」と認識を改めるようになったというか、まあ当時そういう電波系な方向で使ってる人はかなりの異端な人だったので基本的情報が入ってこなかった時代では…まあしょうがないんですけど。このアルバムでかなり重要なのは多重録音の妙と音色作りだとわかるまで、頭の悪かった10代のワシには膨大な時間が必要でした…でもそんな自分も今では使い分けがなされてて根幹はオルガンみたいに、ライブでは「トバせ電波系!!!w」で使ってます。トミタサウンドってのはマイティジャックの劇伴とかジャングル大帝の劇伴とかに見られる多重録音テクがかなりの割合を占めてるのではないかと…モノラルのしょぼいテレビのスピーカーが何か広がった気がするのはそれなんでしょう。基本はやっぱし多重録音&エコー感でしょうかね…
スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://nascacar.blog121.fc2.com/tb.php/79-9386a5dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。