スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


どこのドイツが……????w

daf.jpg
Alles ist Gut
やっぱしこういうダジャレ展開か………基本が繰り返しなら、シンセベースに生ドラムの組み合わせとボーカルでイケるんでない?とやっぱし誰でも考えるみたいで、それのパンク的展開がドイツのDAF。学生時分に西部講堂に来るという話を聞いてたので楽しみにしてたところ、やっぱし中止>< まあスイサイドが元(基本)と思いますが(シルバーアップルズかも…)ソフト・セルとかアソシエイツとかYazooとかユーリズミックスみたいな二人組みがこの時期結構ありましたな…まあどれも歌+シンセという一種潔いスタイルではありますが……。まあ、ここの場合はシンセじゃなくて(シンセはテープらしい…)テープにドラムと。その方が何か勢いがあるというか突進力があるというか…まあナスカ・カーって大いに参照してるんですが…なもんで他メンバーに絶対ドラムが在籍する。と。これってたぶんコニープランクの発明なんでしょうな。シンセがしょぼくてもドラム入ったら盛り上がるw…と。宅録の基礎はドラムとベースが出来たら8割り完成w だそうなのでこれはこれで充分でしょうw 何事も多すぎよりは少し足らん方がいいのです…www まあファースト(黄色いやつ)、セカンド(オリンピックのやつ)以降はずっとそんなスタイルですが結構ハマります。ややモーホーっぽいですが… 昔、女子高生が定期入れにDAFの写真入れてたらヤだなあ…w 等と友人とヨタ話をしてましたが(ワム!ではなくDAF ってオチw)多分それはありえへんやろうと…
スポンサーサイト


コメント
>たぶんコニープランクの発明なんでしょうな。

もしかすると、Zero Setの発展型と考えていたのかも、と思ってしまいますが。

で、ずるずる思い出した。

大学の後輩でミヒャエル・ヘーニッヒだの、シナジーだののシンセ好きの奴がいまして。岡山の造り酒屋の御曹司で、「卒業したら、家を継ぐ。」といっておたりしたお坊ちゃんなんですが。
で、そいつにクラウス・シュルツとか、コンラッド・シュニッツラーだのを貸してやったら喜んでいたんですが、ある時そいつが「でもコサカイさん、僕には許せないアーティストが居るんです。」と語りかけてきたんですな。
「へぇ、それは誰?」力強く「DAFです!」と答えやがった。
「エー、ちょーかっこいいじゃん。」「いや、僕にはああいうシンセの使い方は許せないんです!」と力説しておりました。

時は流れて、3年ほど前?テレビをぼうっと見てたら、「日本酒にモーツァルトを聴かせると美味しくなる。」とかいって、仕込み場でモーツァルトを流している酒屋があるという報道が流れまして。
「アホな酒屋があるもんじゃ。もしかして酒○館?」とか見ていたら、「岡山の○○酒造」と出てきたわけです。「ゑ、あの後輩の実家じゃねえかよ。」と身を乗り出したら、社長が出てきてぺらぺらしゃべり出してそのクレジットを見てびっくり。ズバリ、その後輩でした。やっぱ、そういう奴だったのかOrz

長々とすいません。
2009/03/21(土) 01:59 | URL | Kさかい #oqbDtIN2[ 編集]
わははは。いい話ですな…今では喜多郎とかかけてそうかもw ファーイーストファミリーバンドとかww モーツアルト聞かせた酒を飲んだ人がDAFを聞いてアメリカンロックに走り主食がマクドってのもありかもwww(それはワシかww…その酒うちの親から貰った記憶がw)

> >たぶんコニープランクの発明なんでしょうな。
>
> もしかすると、Zero Setの発展型と考えていたのかも、と思ってしまいますが。
>
> で、ずるずる思い出した。
>
> 大学の後輩でミヒャエル・ヘーニッヒだの、シナジーだののシンセ好きの奴がいまして。岡山の造り酒屋の御曹司で、「卒業したら、家を継ぐ。」といっておたりしたお坊ちゃんなんですが。
> で、そいつにクラウス・シュルツとか、コンラッド・シュニッツラーだのを貸してやったら喜んでいたんですが、ある時そいつが「でもコサカイさん、僕には許せないアーティストが居るんです。」と語りかけてきたんですな。
> 「へぇ、それは誰?」力強く「DAFです!」と答えやがった。
> 「エー、ちょーかっこいいじゃん。」「いや、僕にはああいうシンセの使い方は許せないんです!」と力説しておりました。
>
> 時は流れて、3年ほど前?テレビをぼうっと見てたら、「日本酒にモーツァルトを聴かせると美味しくなる。」とかいって、仕込み場でモーツァルトを流している酒屋があるという報道が流れまして。
> 「アホな酒屋があるもんじゃ。もしかして酒○館?」とか見ていたら、「岡山の○○酒造」と出てきたわけです。「ゑ、あの後輩の実家じゃねえかよ。」と身を乗り出したら、社長が出てきてぺらぺらしゃべり出してそのクレジットを見てびっくり。ズバリ、その後輩でした。やっぱ、そういう奴だったのかOrz
>
> 長々とすいません。
2009/03/21(土) 12:45 | URL | Master #-[ 編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://nascacar.blog121.fc2.com/tb.php/84-cc443b04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。