さらば闘いの日々、そして…

nagasaka

『長坂秀佳/ 術』

ってズバットですが、ズバットといいキカイダーといい特捜最前線といい、何故か最終回が三部作(というか続編)っぽくなって一気に盛り上がるのか?といえば共通してるのは脚本がこの人、長坂秀佳という点ですな。

キカイダーは「のっとった」らしいし、「ズバット」はメインライターだし、特捜で一気にファンが増えた…というか、本郷功次郎>藤岡弘>二谷英明という怒濤の展開の最終回は正に名作!という感じですな。
で、この人の作品プロットに良く出てくるのが
「名もなき市井の庶民(大概貧乏人)」
「何も教えてもらってないまま世間から無視された人の怨念」
「疑われてやってないのに信じてもらえずそのまま罪を重ねる」
というパターンで、いろんな場面でその逸話が出てくるというか、長坂がシナリオライターになって賞をとった時に「師匠はいない、大学出てないから…」って答えたところとか、特捜第7話の「愛の刑事魂」(犯罪を目撃した子供がさらわれるが、親は子供の写真を持ってない&仕事があるからと会社も休まず働く親:谷村昌彦wを軽蔑するような藤岡弘を「あんたにはわからない」と一刀両断にする西田敏行、しかも役では子だくさんの田舎の百姓のせがれ)とか「ワルダーはかわいそうなロボットでござるよ…」wとかもう高度経済成長及びバブル社会への怨念爆発しまくり…w 他にも「疑われてやってないのに信じてもらえずそのまま罪を重ねる」ってのは江戸川乱歩賞をとった小説「浅草エノケン一座の嵐」の中でも書かれてるし、そういえば特捜の大地康雄の出てくる死刑囚の話もそうですな。もう何か全体的に『昭和の日本人』の怨念渦巻くというか…個人的に好きなのはデビュー作の「ものをいう犬」ですが、まあどんな話かは読んでくれ…wと。ここに収録されてます。一様にうちも子供の頃は貧乏な時期がありましたw 3食メシに砂糖ときなこ混ぜたの食ってたとか…今も微妙に貧乏だがそれはさすがに今よりヒドいwww またこの中には特捜最終三部作のシナリオも入ってます。昭和は遠くなりましたがほのぼのしたノスタルジーに被われた『三丁目の夕日』だけが昭和ではないことを述べて今回は終了。
enoken

「長坂秀佳/浅草エンケン一座の嵐」

しかしこれが単行本になった時は何故か辛辣な選評が思いきり載ってましたな…一種いやがらせ??




宇宙・怪獣・電子音www

utyuusen

「宇宙船/126号」

まあ、ワシが大学の頃は高校の頃に封印した筈の「怪獣・SF・宇宙人」という特撮ものテイストが何故か
息を吹き返してきており、まあそんな自分の情報収集用の季刊誌が朝日ソノラマ社発行の雑誌「宇宙船」w
ファンコレとか御世話になりました……というか80年初頭にスペクトルマンとかザボーガーとかの情報集めとるものもどうかと思うがwww まあそれも後期はイケメン俳優を表紙にして何とか売らんとあかんというノリでやってたもののさすがに休止。どうなった??と思ったらホビージャパンが復活させてたのね……さすが造形関係から来るともうイケメン俳優関係ないわなw 美女は別にして……www まあ考えてみれば何故京都から大阪に来るのに京阪沿線に住んだのかと言えば、当時海洋堂は門真にあったし、くずはにはVOLKSが、大和田には降りてちょっと歩けばイノウエアーツの巨大ガレキ売ってる専門店はあるし、京橋で降りて国鉄のって桃谷で降りたらゼネプロという(ある意味)好条件のw立地という理由だったのを思い出した……ああ、バカだったなあ、25年前のワシwwww

まあそこに載ってた輸入ビデオでビデオドロームとかクリープショーとか英語版(吹き替えも字幕もなし)を探してみたものですwww いや~今はこれでも普通にレンタルあるからスゴいねw

そこで禁断の惑星のサントラとかアンドロメダのサントラで電子音のああいう使い方に目覚める。と。w
やっぱしこの辺がルーツでしょう。結局モンド系????
waku

Forbidden Planet: Original MGM Soundtrack

あ、そういや門真の海洋堂の跡地、隣に赤のカウンタックの置いてある外車屋(亜土里絵だったか??)があってあの近所たまにカウンタックが走ってたのは実に珍妙な光景でしたな……


久々の原稿仕事はこれだ!!!w

3

『映画時代3」

久々の原稿仕事入稿完了!!!
詳細は以下! 内容もいつも打ち上げで飲んで喋ってるような話だが、ちゃんと仕事用で推敲きっちりやってるので通常の書きっぱなしとは違いますよwww

まあアルバム出したときのインタビューで一番言われたのは、
『プロフィールとアルバム紹介文が一番面白かったw』等と言われるような
人の書く文章ですからいわずもがなwww ちゃんと買ってくれよwww

しかし頭脳警察の映画、5時間もあるのね……………


===================================

闘う映画ZINE、映画時代!
一年間の沈黙を破り、不死鳥の如く、今…

ヤワなハートは棄てて来い
�痛快�な野郎どもがそろった「映画時代3」
オンナ、コドモにゃすまねえが、今度の号は
映画愛を活字が奏でる、大ロックン・ロール大会だ!

ってな感じで、今回の特集は――
――「アウトロー しきたり破りの映画たち」

【巻頭】
『ドキュメンタリー 頭脳警察』
  vol.1 瀬々敬久インタヴュー
  vol.2 頭脳警察 ロング・レヴュー(若木康輔)

※90年代ピンク四天王の一角を担い、近年は話題作
『感染列島』を手がけるなど、幅広く活躍する瀬々敬久は
長年の�元祖・過激ロックバンド�頭脳警察フリークでもあった。

気鋭の映画監督によるロック観、アウトロー論とでも
言うべき異色のインタヴューと、映芸ダイアリーズの一員・
若木康輔による長文論考で、三部構成、上映時間合計
五時間十四分の大作ロック・ドキュメントの全貌に迫る。

※『ドキュメンタリー 頭脳警察』絶賛上映中!

http://www.brain-police-movie.com/

【寄稿】

■追悼・山城新伍■
「山城新伍を演じた山城新伍の覚書」(モルモット吉田)

※今年八月、惜しくも逝去したミスター・プログラム・
ピクチャーの一本気な映画愛に貫かれた多彩な仕事を、
現在プログラム・ピクチャーを論考すれば比翼する者のない
ライター・モルモット吉田が愛をこめて考察。

■追悼・長谷部安春■
vol.1「クール・スタイリッシュ・ハードボイルド」
(北里宇一郎)
vol.2「アウトローたちのユートピア」
(小林ヤスタカ)
vol.3「茶の間に殴りこんだ長谷部バイオレンス」
(ナスカ・カー=中屋浩市)

※長谷部監督の貴重なインタヴューも収めた「日本映画
カルト映画全集 暴行切り裂きジャック」(ワイズ出版刊)の
編者である映像作家・北里宇一郎による長谷部ファンには
うれしい報告も含めた追悼文。

映像・音楽パフォーマンスを多岐に繰り広げる小林ヤスタカに
よる、長谷部演出の末期日活アクションをめぐる論考。

永田一直との合体ユニット「ナスカ・エクスプロ-ジョン」や、
再結成 The Original Ultra Bideでの活躍も印象的なジャンル
定義不要の電子音楽家・ナスカ・カー=中屋浩市による極限の
バイオレンスを茶の間に叩き込んだ長谷部監督のテレビ作品への
賛辞。

以上、豪華三本立て記事で、多角的にハードボイルドの巨匠の
魅力を検証。

■追悼・山田辰夫■
「いつか、ふたたび狂い咲く日のために…」
(画=キングジョー、文=山本修司)

※はぐれてるヤツ、を演じさせればナンバーワンの名優の
死去をいたみ、ガレージといえばこの人!のキングジョー
画伯がイラストを書き下ろし!
 さらにミニシアターでの上映企画にも精力的に
活動する気鋭の俳優が役者ならではの視線で、山田辰夫の
魅力を綴る。

========================================================
【連 載】
柏原寛司の日本のハードボイルドを訪ねて
――検証・日本テレビ火曜9時――

豪華対談:村川透×柏原寛司 PART �

好評連載第三弾! 今回のゲストは、『最も危険な遊戯』
『蘇える金狼』『野獣死すべし』などの一連の松田優作主演作や、
『あぶない刑事』シリーズを手がけ、今に至るも日本のアクション
映像の旗手であり続ける村川透監督。

彼のアクション表現の原点といって過言ではない、傑作テレビ映画
『大都会』の舞台裏を活動屋魂あふれる発言で語りつくす!
資料として貴重なことはもちろん、熱い映像に漲る男達の
心意気に瞠目すること間違いなしの豪華対談!

※村川監督の最新作「棟居刑事の黙示録」が、「森村誠一の
棟居刑事 愛犬が暴く不倫四重奏!」と題して2009年
11月21日に、土曜ワイド劇場枠にて、全国テレビ朝日系で
放送予定!
http://www.tv-asahi.co.jp/dwide/

※柏原寛司氏が構想していた上映スペースが「BaseKOM」
として完成。同時に同じ建物内にて、カフェ「coffee & 
pictures 人形町三日月座」営業開始!
http://www.mikazukiza.com/

=================================================================

『映画時代3』
2009年11月15日発行

○ブックデザイン:岸田文香
○表紙写真:「ドキュメンタリー 頭脳警察」より
(提供:株式会社トランスフォーマー)
○仕様:A5判 並製 48ページ
○価格:定価500円(税込)
○編集・企画・制作:活檄プロダクション(佐藤洋笑、港岳彦)


ってなわけで4649!

久々に原稿書いてます。

これです。
公式ブログ  http://eiga-jidai.seesaa.net/
ロック画報で大バカ企画「ロック×映画」をやった佐藤氏(10年近く前にロフトプラスワンで一緒に対談やりました……)の依頼で6000字。火曜夜9時の大人の時間が大好きなバカ者必見!!!w さっきまでジャズ聞いてたけど、もうこれでいいよねwww





でファンキーなんが、まあこれか……

http://www.youtube.com/watch?v=VkHYRACIrQM

渋谷の道玄坂を下ってまっすぐいくと山下公園wという不思議の街にぼくと一緒に行ってみませんか???www




困った時にはこれを読む

ihukube

『音楽入門』

伊福部昭先生のご著書。気持ちの問題で行き詰まったらまずこれを読み、
方法論で迷いや煮詰まったらこっちを

ihukube2

『完本/完本 管絃楽法」

昔どれだけ探してもなかったのに売ってる現在は幸せな時代だと思う。
今再びオーケストレーションに凝ってる時期なのかもw
まあこないだので味をしめたのか……wと小一時間……www